【台湾の反応】韓国人の8割が安楽死を支持!? 末期がんの患者が尊厳を持って旅立てるような法改正を望む。医師は憂う・・・-台湾反応翻訳まとめブログ
            

【台湾の反応】韓国人の8割が安楽死を支持!? 末期がんの患者が尊厳を持って旅立てるような法改正を望む。医師は憂う・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

安楽死の合法化については、多くの国で議論されています。
韓国で行われた調査では、末期がん患者に対する安楽死を一般的に支持する人が80%にものぼることがわかった。

韓国の通信社「ニュースキャストニュース」によると、韓国政界は本日(30日)、共通民主党の安芸朴国会議員が6月15日に「尊厳死幇助法」の改正を提案したと指摘した。
この提案は、6月15日に共通民主党の代表が行ったものである。
この法律は、ホスピスや患者の終末期の医療判断に関連する法律の改正だ。

「医師幇助自殺」は「安楽死」とも呼ばれる。
末期がんの患者が、精神的・肉体的な苦痛を強く感じている場合、医師による終末期医療の投薬によって、自分の人生を終わらせることを決めれる。


医師は投薬の最終工程を手伝わず、末期がんの患者に薬を渡して保管してもらうことで、患者さんが自分の命を絶つタイミングを決めることができるのだ。


この安楽死の概念は、従来の安楽死とは少し異なる。

世論調査機関のリサーチコリアが、今月1日から4日にかけて、韓国の18歳以上の成人男女1,000人を対象に調査を実施した。
この調査では、国民の82%が安楽死に関する法整備を支持し、18%が反対している。
安楽死は末期がん患者の自律性を守ることになると考える国民は25%、末期がん患者がより尊厳を持って死ねるようになると考える国民は23%であった。

しかし、この法案について、医療関係者は「末期がんの患者に尊厳死の選択を迫ることになりかねない」と懸念している。
この法案は、社会的に不利な立場にある末期がん患者に尊厳ある死を選択させる可能性が高く、韓国の公的医療制度の欠陥が浮き彫りになっている。

実際、賛成派の20%は、末期がんの人が尊厳ある死について自分で決められるようになれば、家族の苦痛や介護の負担が軽減されると考えているようだ。
また、6%の人が「患者の尊厳死を認めると、医療費や社会的負担が減る」と考えていることがわかった。

とある台湾人:1

反対する人は苦しみたいのか?


とある台湾人:2

医療従事者が儲からないことへの異議申し立てじゃないのかwww


とある台湾人:3

↑  そうだね。儲からないから法案通らないかも。


とある台湾人:4

介護士もやっぱり人間なんだよ。しんどいのかも。


とある台湾人:5

安楽死を行っているヨーロッパ諸国では濫用してないぞ。


とある台湾人:6

健康な人が判断しても仕方がない。当事者にならないと。


とある台湾人:7

私は必要だと思う。


とある台湾人:8

医療機関だけが反対してるな。


とある台湾人:9

↑  反対している幹部や病院の知事には、いつか気づいてほしいものですね。


とある台湾人:10

既得権益があるものや、共産党と関係のあるものは反対するんだろうね。


とある台湾人:11

自分の意思で終われることが本当にいいことだと思うぞ。


引用:https://onl.la/219Yy2r

        

外部サイト新着記事

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*