台湾人「日本はバブルを崩壊させて何を得たかったのだろうか?」【台湾の反応】-台湾反応翻訳まとめブログ
            

台湾人「日本はバブルを崩壊させて何を得たかったのだろうか?」【台湾の反応】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

1990年日本の不動産バブルの崩壊
次の10年は日本にとって「失われた10年」だった
文献にある間違った金融政策と呼ばれるもののせいだな。
正しい政策とは何だったのだろうかと考えさせられます。
台湾の住宅市場は崩壊しそうでしない
住宅市場と戦う勇気のある政党はない
バブルの崩壊はないようだ
バブルは決してはじけることなく、人々の支持を集め続けているようです。
決して破裂しなくても問題ないようです。
では、日本はバブルを崩壊させて何を得ようとしたのだろうか。

とある台湾人:1

台湾に未来はない、ただ今を幸せに


とある台湾人:2

100年を失うのは怖くありません。


とある台湾人:3

実質 GDP が十分ではないな


とある台湾人:4

彼らはまた、これがバブルを崩壊させ、経済が沈没することを知っている


とある台湾人:5

政策を整えて笑うのは政府だけだ・・・


とある台湾人:6

日本は喉の渇きを癒すために毒を飲むような政策だったんだろうな。


とある台湾人:7

給料は変わらないのに家の値段ばかり上がる・・・


引用:https://onl.la/e9q4TaR

        

外部サイト新着記事

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*