台湾人「LGBTの波、ついに幼児向けアニメにまで波及してしまう・・・」【台湾の反応】-台湾反応翻訳まとめブログ
            

台湾人「LGBTの波、ついに幼児向けアニメにまで波及してしまう・・・」【台湾の反応】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

幼児向けアニメ「ペッパピッグ」での一幕だ。

チャンネル5(Channel 5)で6日に放送された「ファミリーズ」と題されたエピソードでは、主人公のペッパに対してシロクマのぺ二ーが、自分には母親が2人いると話す。

「一人のお母さんはお医者さんで、もう一人のお母さんはスパゲティを作ってくれる」と説明したペニーは、「私はスパゲティが大好き」と語った。  

LGBTなど性的少数者の権利活動団体「ストーンウォール(Stonewall)」のロビー・デサントス(Robbie de Santos)氏は、ペッパピッグに同性カップルの家族が登場したことは「素晴らしいことだ」と歓迎した。  

デサントス氏はBBCに対し、「ペッパピッグの視聴者にも、2人の母親や2人の父親がいる子どもが増えてくるだろう。これほど有名な子ども向け番組に、自分たちと似た境遇のキャラクターが登場することは、親子にとって大きな意味を持つ」と評価した。  

ただし、性的少数者が登場する映像作品は、世界の一部地域では依然物議を醸すものと受け止められている。

記事元リンク

https://news.yahoo.co.jp/articles/e11a8f072fff36f5b0da0f35794026a767e338d0

自2004年開播以來,這是《小豬佩奇》18年首次出現同性伴侶。

とある台湾人:1

こんな事、どうやって子どもたちに伝えればいいのか・・・


とある台湾人:2

大人になったら分かるから、子供のうちはこんな事しなくても・・・


とある台湾人:3

少なくともユリだから許す


とある台湾人:4

ジェンダー平等は、より多くの人が受け入れるために、幼い頃から教育されるべき


とある台湾人:5

こんなん逆に嫌になるわ


とある台湾人:6

強制洗脳じゃん


とある台湾人:7

子供の頃から教え込み、世界を破滅させたいんだな。


とある台湾人:8

顔の形がドライヤー・・・


引用:https://onl.la/qUXsAPA

        

外部サイト新着記事

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*