ドイツ、敗戦で自国選手を痛烈批判。その末路が・・・【台湾の反応】-台湾反応翻訳まとめブログ
            

ドイツ、敗戦で自国選手を痛烈批判。その末路が・・・【台湾の反応】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ドイツの新聞が、ワールドカップで日本に1-2で敗れた自国の選手を衝撃的に非難しています。
ドイツは33分にイルカイ・ギュンドアンのゴールで先制したものの、日本は後半に逆転し、2014年ワールドカップ王者に衝撃的な逆転劇を起こした。

75分には堂安が同点ゴールを決め、その8分後には浅野拓磨が勝ち越しゴールを決めた。
ドイツは、この試合でリードするための絶好のチャンスを何度も逃し、逆転された。
ドイツのメディア『Die Welt』は、ドイツが大舞台の幕開けで2018年ワールドカップの初戦でメキシコに0-1で敗れた以来、再び「バカ騒ぎ」したと伝えた。

この敗戦により、フリック監督は日曜日のスペイン戦に負けるわけにはいかなくなった。
そうでなければ、グループステージで再び敗退の憂き目を見ることになる。

德國媒體砲轟國家隊的表現。摘自推特

記事元リンク

https://www.ltsports.com.tw/article/158252

とある台湾人:1

ドイツは怒って第三次世界大戦を始めるだろうorz


とある台湾人:2

もうドイツにはあの頃の輝きはないんだ・・・。


とある台湾人:3

↑ 日本は特に調子が変わったような様子はなかったもんな。


とある台湾人:4

日本にはまだ大空翼がいる


とある台湾人:5

今の日本は弱いチームには見えない


とある台湾人:6

俺、ドイツの選手はカーンしか知らないwww


とある台湾人:7

日本が強くなったと認めるのは難しいのか?


とある台湾人:8

ドイツはまだ負けを受け入れられる。でも中国なら・・・


引用:https://onl.sc/2yruiiv

        

外部サイト新着記事

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*