【台湾の反応】日本のコロナ流行が急速に冷え込む、研究結果:デルタウイルスが自傷行為-台湾反応翻訳まとめブログ
            

【台湾の反応】日本のコロナ流行が急速に冷え込む、研究結果:デルタウイルスが自傷行為

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

日本で発生したCOVID-19(コロナウイルス感染症2019)の第5波は急激に冷え込む傾向を示しており、その原因としてワクチン接種の効果が挙げられていましたが、新たな研究では、デルタ変異株のゲノムの変異を修復する酵素に変化が生じ、変異の修復が間に合わずにウイルスが死滅したことが原因ではないかと考えられています。

国立遺伝学研究所と新潟大学の研究者チームが30日にこの結論を出したと共同通信が報じた。

報告書によると、8月下旬の流行のピークを迎える前に、ほぼすべてのウイルスがnsp14の酵素が変化したウイルスに置き換わっていたという。 国立遺伝学研究所の井上義朗教授によると、このウイルスはゲノムに累積的な変異があり、修復が間に合わずに絶滅した可能性が高いという。

本研究の成果は、10月中旬に開催された第66回日本人類遺伝学会大会で発表されました。

とある台湾人:1

古代と現代… 歴史上、パンデミックは1~2年で消滅し、明確な原因が見つからなかったと言われています。
【ハンタウイルス】の場合は、ヨーロッパで大きな犠牲者を出した「黒死病」こと「ペスト」としても知られています。 モンゴルですが ネズミ・・・そういった動物は今でも私たちにとってはなくてはならない動物ですが、(ハンタウイルスは)もはや人間の生命を脅かす深刻なウイルスではありません。
やはり自然には消去法があり、医療技術が進歩しても、生と死のサイクルをコントロールすることはできないのです。


とある台湾人:2

フェーズ3が終わる前に流行が終わってしまう


とある台湾人:3

突然変異が早すぎて、体が適応できずに死んでしまったのですか? この脚本は本当にすごい。
神様は人間を殺すことができませんでした。人間に教訓を与えるだけだった。


とある台湾人:4

それは良いニュースだ…もしそうならば、治療法はすぐに出てくるだろう!
あの時もSAASは突然消えた。


とある台湾人:5

すべてはデルタなのに、なぜ他の国はまだ厳しいのか?


とある台湾人:6

いいニュース


とある台湾人:7

この突然変異は、国際的なコロナの解決策になるのか?


とある台湾人:8

デルタウイルスの突然変異は自殺なのに、なぜイギリス・アメリカ・シンガポールのデルタは自殺ではないのか!?
日本人は怖くてマスクをしたり、接触を減らしたりして、発生を食い止めようとしていたと思うのですが…。


とある台湾人:9

コロナを作った国は、最後にはコロナを使いこなせなくなることを恐れて、自滅的な遺伝子を体内に入れてしまったのさ。


とある台湾人:10

神風特攻隊的な思想!


引用:https://bit.ly/2ZIi62g

        

外部サイト新着記事

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*