台湾の反応-日本のパトカー - 台湾反応翻訳まとめブログ
            

台湾の反応-日本のパトカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

日本のパトカーは、(テールランプとお尻から推測して)カムリVIだということがわかりました。
カムリが台湾で発売されたのは2006年で、今から10年以上も前のことだと知り、少し驚きました。
もしカムリを使いたいのであれば、7代目や8代目といった最近の車を使うべきです。
エンジンはV6 3.5で277馬力、35.3kgmのトルクを発揮するはずです。
道行く人を追いかけるには十分なはずだ。
しかし、これだけ日本車の選択肢が増えれば、もっと新しい、もっと良い選択肢があるはず。

とある台湾人:1

車ではなく、人にフォーカスしています。


とある台湾人:2

台湾の国道警察の車はBMWですね。BMWの方が馬力があるのを知らないのでしょうか?


とある台湾人:3

v6カムリの次はあるのか?


とある台湾人:4

日本のパトカーには多くの種類があり、最新のカムリは覆面パトカーにも使われている


とある台湾人:5

警察官が冴島俊行(GTOのキャラ)や本田 速人(こち亀のキャラ)のレベルならいいですよ。


とある台湾人:6

外観はとてもクールだが、台湾にはスポーツバージョンがない


とある台湾人:7

私の記憶が正しければ、かつて日本にはGTRのパトカー、3000GTOのパトカーがありました。


とある台湾人:8

現行モデルは、アメリカではまだ3.0v6ですよね?


とある台湾人:9

彼らのクラウンは、私たちのレクサスESに相当します。


とある台湾人:10

車を見分けるのが苦手な人は、この世代のクラウンをカムリと認識するだろう。


引用:https://bit.ly/3AvdKZD

            

外部サイト新着記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*