電子書籍はクソ?【台湾の反応】-台湾反応翻訳まとめブログ
            

電子書籍はクソ?【台湾の反応】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

電子書籍と物理的な書籍の最大の違いは、電子書籍がプラットフォームに関連付けられることです。
つまり、GooglePlayストアで購入した電子書籍はアカウントでログインする必要があります。
アカウントのパスワードを忘れた場合、電子書籍はなくなります。

電子書籍を図書館に寄付したり、友人やその他の社会福祉活動に寄付したりすることは言うまでもなく、基本的にそれを行うことは不可能です。
つまり、物理的な本が優れているのは文化的継承能力と情報伝達機能です。
2000年以上前の書籍や儒教の学者の焼却中に密かに隠されていた古代の本は、2000年以上経った今でも、物理的な文書の形で回覧することができます。
しかし電子書籍は、オフになっている限り見ることはできません。電子書籍はどうですか?

とある台湾人:1

電子書籍は物理的な本よりも安いんだよなあ


とある台湾人:2

集めたい小説が何百、何千とあって手放せない


とある台湾人:3

電子書籍は嫌いだが、物理的な本は重い


とある台湾人:4

電子書籍は文化の伝承と情報の伝播ができないと誰が言った?


とある台湾人:5

プラットフォームが異なるのが本当に不便


とある台湾人:6

みんなもっとダウンロードして〜


とある台湾人:7

実は、電子書籍はそれほど安くないんです。だから普及しないんです。


とある台湾人:8

私にとって最大の欠点は、ページをスキップして比較できないこと。


とある台湾人:9

今はパスワードがどこにあるのか忘れても、簡単に復元できるよ


とある台湾人:10

家は図書館じゃないし、電子書籍が出てないもの以外は電子書籍を買うよ


引用:https://bit.ly/3eBJgfi

        

外部サイト新着記事

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*