失われた30年があっても日本に追いつけない理由【台湾の反応】-台湾反応翻訳まとめブログ
              

失われた30年があっても日本に追いつけない理由【台湾の反応】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

子供の頃から、「日本のバブルは終わった、日本経済は衰退している」と聞かされていた。
それから30年以上たった今、改めて調べてみると日本は現在も世界第3位の経済大国であることが分かった。
世界一の経済大国を自称する中国、その人口は日本の10倍にもなる。
その他の国も私が見る限りでは他のどの国も日本に近いと主張することはできない
※ただし、常に彼を上回ってきたアメリカを除く

なぜ日本は30年間も誰にでも礼儀正しくしてきたのか?
どの国も日本に追いつけない。とんでもない国だ!

とある台湾人:1

台湾は国際的に国として認められていないので


とある台湾人:2

基礎科学が強すぎる


とある台湾人:3

ある一定の水準に達して、あとは停滞するばかり


とある台湾人:4

追いつくってなんだ?裕隆汽車を見なよ
裕隆汽車…台湾の自動車メーカー


とある台湾人:5

日本人はあなたが走るよりも速く歩く


とある台湾人:6

日本の多くの産業は、内需に従事すれば生き残れそう


とある台湾人:7

今の日本の問題は、年寄りが権力を持ちすぎていることだ


とある台湾人:8

日本のポルノは無敵


とある台湾人:9

文化が優れてるから


とある台湾人:10

台湾の全体的な街並みは、過去70年間で日本の街並みに追いつくことはありません


とある台湾人:11

日本の給料は本当に20年間停滞してるよな…


引用:https://bit.ly/3GOg3KI

        

外部サイト新着記事

              
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*