台湾の反応-東南アジアの食べ物はなぜこんなに受け入れにくいのか - 台湾反応翻訳まとめブログ
            

台湾の反応-東南アジアの食べ物はなぜこんなに受け入れにくいのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今までいろいろなところで食べてきた。
アメリカ イタリア メキシコ スペインの郷土料理や
アメリカンフライドチキン、スパゲッティ、ブリトー、スペインのシーフードシチュー、殆どの料理はとても良いものです。
しかし、東南アジアの味を堪能するには無理があります。
初めて食べたベトナムの生春巻きは中身の野菜がレタスサラダのようなものではなく味が濃く、渋みが強い
味気ないものだった。タイ料理も同じです。
ナンプラーの味付けが全く我慢できない
そして酸味のある味で食事として食べきれなかった
フィリピン料理は特別なスパイスが入っています
そして、その色はとても不思議です。
食べるのも一苦労
東南アジアの料理が台湾人の口に合わない?

とある台湾人:1

東南アジアは、酸味で食欲を刺激する


とある台湾人:2

本当。


とある台湾人:3

どうやって食べたらいいのかわからないコリアンダーは吐き気がする


とある台湾人:4

人にもよりますが、私はとても気に入っています。


とある台湾人:5

>4 酸っぱいものは本当に美味しいですよね。


とある台湾人:6

スレ主だけなんですよね?


とある台湾人:7

ベトナムの生春巻きは、おっしゃるとおりミンナン料理(福建料理)とまったく同じです。


とある台湾人:8

フィッシュソース、ココナッツミルク、レモングラスは我々のネギと生姜。


とある台湾人:9

本当に、全く食べられない。長いお米と一緒には・・・


とある台湾人:10

ニンニクも同じで、慣れていません。


引用:https://bit.ly/3tVayEi

        

外部サイト新着記事

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*