台湾の「中国ファクター」 習政権の浸透工作、統一狙い着々【台湾の反応】-台湾反応翻訳まとめブログ
              

台湾の「中国ファクター」 習政権の浸透工作、統一狙い着々【台湾の反応】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

国は近年、台湾に対する軍事的脅威を強めており、日本メディアの朝日新聞は24日、「中国ファクターと台湾」というタイトルで、中国の軍事行動に対する障害は決して低くなく、必要な軍備も現状では不十分であると報じている。 そこで中国は、軍事的圧力と国際社会からの台湾の排除を利用して、台湾に両岸統一を支持する世論と政治的機運を作り出し、「戦争せずに台湾を奪取」しようとしているのである。

報告書は、中国の習近平政権が台湾における「中国要因」の浸透に重点を置き、偽情報と経済圧力を用いて台湾の抵抗姿勢を弱め、軍事圧力と国際社会からの台湾排除によって中国と台湾の統一に反対しない世論と政治勢力を台湾で作り出していること、つまり「戦争をせずに台湾を掌握する」戦略を明らかにしています。 台湾中央研究院の政治学者であるWu Jiemin氏は、この現象は台湾社会で広く認識することができるが、中国政府が関与しているかどうかを確認することは困難であるとの見解を示しているという。

中国政府は、中国在住の台湾人ビジネスマンのワクチン無料接種を積極的に推進し、台湾にワクチンを提供すると主張しました。 6月、台湾は日本からワクチンを受け取りましたが、インターネット上で「日本から提供された製品は期限が切れている」などのデマが拡散し、人々のワクチン受け取り意欲に影響を与え続けています。

とある台湾人:1

武漢の肺炎と団結したい人がいるのか?


とある台湾人:2

世論を統一する? 無駄だ。


とある台湾人:3

台湾の住宅価格は上昇を続け、人口は減少を続けています。
中国共産党は、もうすぐ戦わずして台湾を乗っ取ることができるだろう。


とある台湾人:4

中国はもう戦争どころじゃない


とある台湾人:5

日本には関係ないでしょ、他国の内政に干渉しないでくださいよ。


とある台湾人:6

中国の統一は、日米にとってあまりにも大きな脅威である…。


とある台湾人:7

台湾には本気で共産党と統一したい馬鹿が少ない


とある台湾人:8

日米に脅威を与えるだけで、台湾には何のメリットもない


とある台湾人:9

台湾を水不足、電力不足に陥らせれば、平和的に統一できる。


とある台湾人:10

中国人の言うことを信じられる人はいるのか?


引用:https://bit.ly/33OCKA2

        

外部サイト新着記事

              
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*