日本の国民的お菓子「うまい棒」、43年ぶり値上げへ-台湾反応翻訳まとめブログ
            

日本の国民的お菓子「うまい棒」、43年ぶり値上げへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

1979年から10円(約2.5台湾ドル)で販売されている日本の国民的お菓子「うまい棒」は、年間7億個も売れている。今回年間7億個も販売されているうまい棒は、原材料の値上げを迫られている。

2007年、原材料の価格が高騰しても、うまい棒は価格を上げず、国の基準を守るために重量を1g減らすことを選択した。
今年は原材料の価格が高騰し、ヤオキンが43年間こだわり続けてきた理想の値段を維持できなくなったのだ。

メーカーによる値上げのニュースは、日本のコミュニティで激しい議論を巻き起こしましたが、ほとんどのネチズンは値上げを支持している

とある台湾人:1

これ美味しいよね


とある台湾人:2

食べ過ぎて疲れた


とある台湾人:3

日本より台湾で人気かと思う。


とある台湾人:4

日本のおやつの代表はせんべい


とある台湾人:5

十分安い


とある台湾人:6

台湾にもあるが、台湾のは美味しくない


とある台湾人:7

台湾にも似たようなものがあるよな?


とある台湾人:8

台湾版は棒でつぶして、ご飯の上に広げるのに適している


とある台湾人:9

一度も食べたことがないのに、値上げでも食べない


とある台湾人:10

日本はついにインフレが起きた?


引用:https://onl.la/7uGgv7K

        

外部サイト新着記事

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*