【台湾の反応】眞子様 帰国か!?-台湾反応翻訳まとめブログ
            

【台湾の反応】眞子様 帰国か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

2021年に小室圭さんと結婚された眞子さまは、皇室を離れ、ニューヨークへ移住されました。
眞子さまは現在ビザの関係で日本への帰国が危ぶまれている。

9日付の週刊新潮によると、小室圭さんは現在、月末の司法試験を控えているという。
しかし、小室圭さんは、7月にビザの期限が切れるため、日本の外務省に助けを求めています。

もし、ビザが取得できなければ、夫婦で日本に帰らなければならない。 小室圭は現在、ニューヨークの「LowensteinSandler」でパラリーガルとして働いています。
通常業務に加え、2月22日、23日に行われるニューヨークの司法試験にも備えている。

ニューヨーク在住のデヤング弁護士によると、小室圭は留学生に発行されるOPT(Optional Praxis)ビザをまだ使うことができるという。
OPTビザは、卒業後1年間米国に滞在し、関連する仕事を見つけるためのビザだ。
小室圭さんは2021年5月にフォーダム大学を卒業するため、5月、遅くとも7月にOPTビザを利用してアメリカに滞在することができなくなる。

小室圭が米国に留まるためには、高度な専門知識を必要とするH-1Bビザを申請することができます。彼の場合、これには弁護士の資格が必要である。
しかし、小室圭が司法試験に合格できなくても、研究者などの専門的な仕事を通じてH-1Bビザを取得することは可能である。

問題は、H-1Bビザが抽選で取得され、「当選確率」が50%以下であることだ。 そのためか、小室圭は外務省にビザの相談に行った。
しかし、国家主権がかかっている以上、成功する可能性は限りなくゼロに近い。
もし、新しいビザが下りなければ、遅くとも7月には日本に帰国しなければならない。

とある台湾人:1

惨めな結婚だったのと、安定した仕事がないから逃げたんだ


とある台湾人:2

お金があってもビザがないのが怖い。


とある台湾人:3

彼は王室に仕事を見つけるのを手伝ってほしいと言っている


とある台湾人:4

跡継ぎの長女だったのに・・・


とある台湾人:5

お姫様と結婚すると、一挙手一投足が目立つな


とある台湾人:6

仕事しにアメリカに行ったのに、仕事をしなくなるのか!?


とある台湾人:7

日本政府は、日本男児一人の尻も拭いてあげられないのか?


とある台湾人:8

日本大使館には、やるべき仕事ができたな。


とある台湾人:9

王女は結婚したときに皇室を去った。


とある台湾人:10

日本政府が尻拭いをするのは最悪だ。


引用:https://onl.la/B77Yjva

            

外部サイト新着記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*