台湾人「プーチンがキャンセルカルチャーに言及。JKローリングにまで飛び火ww」-台湾の反応-台湾反応翻訳まとめブログ
            

台湾人「プーチンがキャンセルカルチャーに言及。JKローリングにまで飛び火ww」-台湾の反応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

プーチンは25日、欧米がロシアの文化を差別していると訴え、1930年代のナチス支持者の焚書儀礼のようだと述べた。ロシアに起きたことを、トランスジェンダー問題で物議を醸し、作品に対して批判をあびたハリーポッター作家J・K・ローリングになぞらえて述べた。

AFP通信によると、プーチンは文化賞の受賞者を受け取る際、欧米への不満を表明した。

「今日、彼らは千年の歴史を持つ国を消し去ろうとしている。ロシアに関連するあらゆるものに対する過激な差別のことだ。この傾向は、西側諸国の多くで展開されており、エリートたちはそれを黙認するだけでなく、奨励さえしている。」

また、ナチス・ドイツが1930年代に大規模な「キャンセルカルチャー」を実現するために、本を燃やそうとしたことを指摘した。

プーチンは「チャイコフスキー、ショスタコーヴィチ、ラフマニノフなど、偉大な作曲家の作品を含むロシアの文化を、西側が抹殺しようとしている。我が国では考えられないことだ。我々の祖国は他国と不可分であり、互いに許容できない民族は存在しない。何世紀にもわたって、何十もの民族の代表が一緒に暮らしてきた」と強調する。

具体的には、「少し前に、児童書作家のローリングのような世界中で何百万冊も売れている作家が、いわゆるジェンダーフリー派のファンを喜ばせないということで、標的にされたことがあった。」と述べる。

J.K.ローリングは、2019年と2020年に、反トランスジェンダーの暴言でLGBT運動から激しく批判された。

また、彼女は避難民となったウクライナの子どもたちのために100万ポンド(約3780万円)を寄付すると発表している。

※キャンセル・カルチャーとは、不適切と判断される言動を行なった個人や企業などに対し、SNSなどを通じて責任を追及し、「抹殺(キャンセル)」しようと呼びかける行為。

とある台湾人:1

アフガニスタン人、イラク人、クルド人「アメリカ人が私たちを殺したとき、なぜ誰も私たちのために話さなかったの…」


とある台湾人:2

アメリカには差別の文化が深く根付いており、インド人の絶滅から黒人の奴隷制まで、アメリカ以外の文化はすべて劣っていると思っている。私の元アメリカ人の上司は、白人が人を差別するのは当然だと言っていた。


とある台湾人:3

自分で他人の領土を占領するためにスクランブルをかけ、それからもう一度話し合うのはばかげてるだろwww


とある台湾人:4

アメリカに10年以上住んでいると、白人がアジア人(日本人を除く)を差別するように、アングロサクソン人は古くからスラブ人を軽蔑してきたことに気づきました。ほとんどの人が礼儀正しく、それを言わないというだけだ。


とある台湾人:5

世界一の殺人者プーチン


とある台湾人:6

民主主義と自由を誇る欧米諸国が、なぜ最も人種差別的なのだろうか。


とある台湾人:7

西側の白人は、政治家に洗脳されることでますます愚かになっている!


とある台湾人:8

世界はハリウッド映画によって洗脳されてきました、あなたは本当に米国が正義の側を代表していると思うのか?


とある台湾人:9

ローリングがキックアウト!プーチンはヴォルデモートに似ているな!!


とある台湾人:10

プーチンは同情を勝ち取るために哀れなふりをしているな。


引用:https://onl.la/dwxQWeZ

        

外部サイト新着記事

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*