【台湾の反応】オスカー関係者がウィル・スミスの「衝撃的な平手打ち」に反論:暴力は許さない-台湾反応翻訳まとめブログ
            

【台湾の反応】オスカー関係者がウィル・スミスの「衝撃的な平手打ち」に反論:暴力は許さない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ウィル・スミスが授賞式でクリス・ロックを「衝撃的な平手打ち」したことが世界に衝撃を与える


クリス・ロックがステージでウィル・スミスの妻、ジェイダ・ピンケット・スミスについてジョークを言い、ウィル・スミスを怒らせ、平手打ちを食らわせた。
さらにステージからの悪態に怒りながら文句を言い、客席では恥ずかしさと恐怖に満ちた表情に包まれた。 しかし、この番組で最もドラマチックだったのはその後、ウィル・スミスが新しいオスカーを受賞したことである

その後、アカデミーは次のような声明を発表しました。

Twitterの公式声明は、「アカデミーはいかなる暴力も許さない」という最初の一文から始まる、微妙なものだった。
そして、「今夜、私たちは第94回アカデミー賞の受賞者を祝福します。彼らは、世界中の仲間たちや映画ファンからこの瞬間を認められるにふさわしい人たちなのです。」と投稿された

とある台湾人:1

オスカーは人間ではない・・


とある台湾人:2

「あらゆる形態」の暴力は許可されていません。 言葉や身体的な暴力は許さないという事か


とある台湾人:3

アメリカは本当に先手を間違いがち


とある台湾人:4

言葉による暴力は暴力としてカウントされるのか?


とある台湾人:5

こういったスラップがあったからこそ、多くの人がポリティカル・コレクトネスという考えを持つに至ったのだと思う


とある台湾人:6

妻が笑われたら、俺だって彼を殴る


とある台湾人:7

金持ちのグループが、黒人が黒人を打ち負かすのを見る


とある台湾人:8

悪い冗談のように愛想笑いした人も多かっただろう


とある台湾人:9

数年前、オスカー関係者がクリスロックにアジア人をステージで公然と辱めることを許したが、アン・リーはあまり抗議しなかった。

サイト外ジャンプ:アカデミー賞でウィル・スミスの妻を揶揄した司会者 過去にも問題発言「アジア系は数学が得意」


とある台湾人:10

誰が正しいとか間違っているとかではなく、男と女が妊娠するように、

必然的にそうなるのが自然だと思う。


とある台湾人:11

米国のことだから、米国の方向性による。

台湾のネチズンの意見がキャリアに影響するようなことはないだろう


とある台湾人:12

なぜBLMはオスカーに反抗しなかったのか?


とある台湾人:13

ウィルが不快感を表すには、彼の顔を殴るよりももっといい方法が100個はあるはずだ。


引用:https://bit.ly/3NxsHRN

        

外部サイト新着記事

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*