【台湾の反応】米国務長官「ロシア・ウクライナ協議に実質的進展なし」と発言-台湾反応翻訳まとめブログ
            

【台湾の反応】米国務長官「ロシア・ウクライナ協議に実質的進展なし」と発言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ロシアとウクライナの第5回協議が29日に始まり、双方が譲歩し平和の光が見えてきた。 しかし、米国のブリケン国務長官は、この協議に実質的な進展はないとの見方を示している。

米国はロシアから「本当に真剣に」会談に臨むというシグナルを受け取っておらず、ウクライナの首都キエフからのいわゆる「立ち入り禁止」会談は行われていない。さらに ウクライナの首都キエフからのいわゆる軍隊の撤退は、欺瞞的な戦術である可能性があるとしている。

ロシアによる隣国ウクライナへの侵攻は5週目に入り、双方の交渉担当者が2週間以上ぶりに直接会談を行った。 CNNによると、ブリンケン氏はモロッコのナセル・ブリタ外相との共同記者会見で、「(会談の結果は)ロシアが何を言うか、ロシアが何をすべきかということに関係しており、我々は後者をより重視している」と述べたという。

ブリンケン氏は、ロシアがキエフから撤退したのは、何もしていないのに義務を果たしたと外部に嘘をつくことだと警告した。
「彼らは義務について騙すことしかしていない。 もし彼らがウクライナの東と南を征服するために働けると確信しているのなら、彼らは再び自分たちを欺くことになるのです。
彼らはまたもや自分たちを欺いているのだ。」と発言した

とある台湾人:1

米国が介入する準備ができている


とある台湾人:2

米国は戦争を止めたくないので、ロシア軍が崩壊するまで延期するんだ


とある台湾人:3

誰もが見たがる、どうせ誰も信じない、でも結局は…。


とある台湾人:4

アメリカ:止められるとは言ってない、誰も止められないんだ!


とある台湾人:5

ウクライナはそんな割譲には応じないだろう。


とある台湾人:6

ウクライナは米国によく耳を傾けた 米国の諜報機関は非常に正確だった


とある台湾人:7

撤退するには、ウクライナのすべてのロシア軍を撤退させる必要がある


とある台湾人:8

ロシアが戦う気がないなら、全軍撤退しているはずだ。今も他の地区を攻撃している。


とある台湾人:9

バイデン:中間選挙はこれに頼っている


とある台湾人:10

実際、ロシア軍はキエフ戦線で戦うことができなくなった。


とある台湾人:11

案の定、戦いを続けたいのは米帝のお前らだけ


引用:https://bit.ly/3uDI7eH

        

外部サイト新着記事

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*