台湾の反応-第二次世界大戦で日本に勝ったアメリカは運だった?
              

台湾の反応-第二次世界大戦で日本に勝ったアメリカは運だった?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

開戦時は日本はアメリカに半分勝っていた(スタートダッシュが勝負の分かれ目)。
しかし、アメリカが2発の原子爆弾を投下し、勝利を覆した。

もしアインシュタインが日本に移住していたら
日本は代わりに2つの爆弾を投下した。
日本が勝っていた。では、アメリカは幸運だったのか?

とある台湾人:1

………… 日本が勝つには・・・


とある台湾人:2

いや、産業力の差があまりにも大きかった。


とある台湾人:3

>3 はい、その通り。


とある台湾人:4

日本を後ろから刺したのはソ連だった。


とある台湾人:5

日本は何をやっても負け組


とある台湾人:6

当時の日本の力では、原爆を作る力はなかっただろう。


とある台湾人:7

軍事力の違いを考えよう


とある台湾人:8

ドキュメンタリーによると、米国の多くの爆弾は不発弾だという。


とある台湾人:9

>8 不発弾ばかりでも、日本を降伏させるには十分。


とある台湾人:10

兵站を維持できなければ、戦争の半分を失うことになる。双方の力の差が大きすぎて、長い戦争には勝てない


引用:https://bit.ly/2WIpOrZ

        

外部サイト新着記事

              
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*