台湾の反応-儒家の仁慈には問題があるか?
              

台湾の反応-儒家の仁慈には問題があるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

儒教では「慈悲」が重視されます。
慈悲: 思いやりがあって情け深いこと
しかし、この考えを現代に当てはめると何がいけないのか。
何がいけないのか?
なぜ今それが否定されるのか?

とある台湾人:1

孔子の中心となる考え方は「仁」


とある台湾人:2

慈悲を話すだけでは、練習にならないから


とある台湾人:3

遏悪揚善をできない人は盲目
※遏悪揚善:悪い行いには罰則を与えて禁止し、善い行いには褒賞を与えて奨励する事


とある台湾人:4

慈悲の考えは問題ありません。ただ、私は自由奔放であることが正しいと思う。


とある台湾人:5

>1 慈悲とは、悪を隠し、善を促進することだと誰が言ったか?慈悲をこのように説明する人を見たことがありますか?


とある台湾人:6

目には目を、歯には歯を


とある台湾人:7

宗教とは、悪を隠し、善を広めることではないか(自分なりに解釈してみると)


とある台湾人:8

儒家の仁慈は他人のためのものだが、何を疎んじるのか?


とある台湾人:9

仁慈の考えは倫理的には問題ないが、社会的には競争力がない


とある台湾人:10

知性のある優しさは優しさ、知性の低い優しさは愚かさと言う。


引用:https://bit.ly/3iyztsA

        

外部サイト新着記事

              
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*