【台湾の反応】米国調査「中国が台湾へ侵攻した場合、米国は中国へ直接軍事行動を起こすべき」70%が同意-台湾反応翻訳まとめブログ
              

【台湾の反応】米国調査「中国が台湾へ侵攻した場合、米国は中国へ直接軍事行動を起こすべき」70%が同意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

米国の権威ある雑誌『フォーリン・ポリシー』は3月31日、米国の有力研究機関であるウィリアム&メアリー世界研究所(WMGRI)が、米国は中国に対して直接軍事行動を起こすべきであるとの見解を示したと報じた。


米国のWilliam & Mary’s Global Research Institute(WGRI)のTeaching, Research and International Policy(TRIP)プログラムは、昨年5月から今年3月までの10ヶ月間に3回にわたり、中国の台湾への軍事攻撃の可能性について、米国の様々な学術機関の国際関係学研究者の見解や意見を調査した。

調査に参加した専門家や学者は、ロシアのウクライナ侵攻を開戦前に予測していたことが報告され、その見解から、ウクライナ戦争が中国の台湾武力侵攻に与える影響を明らかにすることができるかもしれないとのこと。

今回の調査では、昨年4月28日から5月3日にかけて812名、昨年12月16日から今年1月31日にかけて760名、今年3月10日から3月14日にかけて866名の方にインタビューを実施しました。

この調査では、中国が台湾を攻撃した場合、米国はどのように対応するかという質問をしました。 3つの時間帯で調査した結果、一部の回答者の政策手段に対する選好が時とともにかなり安定していることと、ロシアのウクライナ侵攻後に東アジアでの強硬政策を選好する回答者が現れたことである。

中国が台湾に武力侵攻した場合、調査に参加した国際関係学者はさまざまな政策対応を提唱した。
3回の調査で、87%から94%の人が制裁発動に賛成した。

台湾への武器・軍事援助の拡大も70%から83%と非常に高く、共産党軍が軍事作戦を行う地域への米軍配備は63%から72%、中国への直接軍事作戦は8%から18%であった。

とある台湾人:1

軍事作成支持が18%とは高いな。


とある台湾人:2

軍隊を現地に配備する…それはほとんど開戦のようなものだ


とある台湾人:3

ケンカを始める前は、みんなお金を稼ごうと思っているんだ。
でも、いざ戦いが始まって、相手が自分の家にやってきたら、死ぬまで戦わなければならない。


とある台湾人:4

学問とはそういうものであり、世論調査を軍関係者が記入するのはまた違う


とある台湾人:5

この地域への部隊派遣は、西太平洋の部隊の強化に他ならない。


とある台湾人:6

まず自分で自分を助けよう、負け犬には誰も投資しないしな。


とある台湾人:7

台湾は自分の足で立つべきだ


とある台湾人:8

アメリカの軍事機器を操作できる人へのトレーニングがもっと必要だ。

モノが来たときに操作できる人材が不足していては困る。


とある台湾人:9

中国との直接対決を支持したのはわずか18%だった・・・


とある台湾人:10

18%は多い、戦争は最後の手段だ。


とある台湾人:11

台湾の難民を受け入れるなら誰も軍人にならないだろう


とある台湾人:12

現地への配備は、周辺部への前方展開を意味する。 おそらく日本への配備だろうね。


引用:https://bit.ly/3rbDBmY

        

外部サイト新着記事

              
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*