【台湾の反応】ウクライナ難民を受け入れたイギリス人男性が10年来のパートナーを捨て駆け落ち-台湾反応翻訳まとめブログ
            

【台湾の反応】ウクライナ難民を受け入れたイギリス人男性が10年来のパートナーを捨て駆け落ち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

善意で難民を引き取ったことが、家族革命につながった。

29歳のウエスト・ヨークシャー出身のトニー・ガーネットさんは、パートナーとその2人の娘とともに、ウクライナからの難民である22歳のソフィア・カルカディムさんを引き取ったが、トニーさんは初めて会った瞬間にソフィアに一目惚れしてしまったのだという。 彼は結局、家族とソフィアどちらを選ぶかの選択でソフィアを連れて駆け落ちした。

The Sun紙によると、トニーさんはロシアとウクライナで戦争が始まった直後、政府の難民定住プログラムに参加したが、申請手続きに時間がかかりすぎると感じ、代わりにFacebookのグループに参加して支援を行ったという。 トニーさんは、ソフィアに会った瞬間に恋に落ち、28歳のパートナーのローナさんの反対を押し切って、娘の一人分の部屋を与えて家に連れて帰ったという。

ソフィアはトニーを見た瞬間に恋に落ち、祖父がロシア系であるトニーは「ウクライナ語に近い」スロバキア語を話すため、家族の中で唯一ソフィアに意思を伝えることができ、自分とソフィアは「すぐに打ち解けた」と表現している。 これが、ソフィアとの関係の始まりとなる。

これがきっかけでローナとソフィアは口論になり、言葉は通じなくてもソフィアはもうこの家にはいられないかもしれないと思ったが、先に折れたのはローナで、14日にソフィアのところに行って涙ながらに彼女を非難し、トニーには「もうソフィアとは暮らせない」と言ったという。 トニーさんは、心の中で「カチッ」という音がして、離散の決意をしたという。

トニーは、こうなってしまったことは残念だが、「ソフィアとのつながりは、これまで感じたことのないものだ」から、本当に誰かを傷つけるつもりはなかったと語り

ソフィアと結婚し、新居を探すことにした。 ローナと友人たちは、10年来のトニーとの関係が10日間で完全に壊れてしまったことに、ローナが打ちのめされていることを明かす。

以下ソフィアとトニー

以下前パートナー ローナ

とある台湾人:1

ウクライナ難民の多くは、その地位を得るためにあらゆる手段を講じようとしており、この難民の波はヨーロッパやアメリカの多くの家庭に革命をもたらすことになりそうだ。


とある台湾人:2

10年付き合っても結婚しない男に期待しないこと


とある台湾人:3

男はいつだって若い肉を求めている。


とある台湾人:4

クズ野郎は潜在的にワルだ


とある台湾人:5

別れた妻はロシア軍に入隊するんだろ?


とある台湾人:6

彼女は若くてかわいくて、とてもいい。
もちろん乗り換える


とある台湾人:7

大げさに言えば身分の問題で、今のウクライナは生活苦で政府も財政破綻しているので、帰れば間違いなく将来がないし、イギリスとは比べものにならない売●生活を強いられるかもしれない。


とある台湾人:8

金髪の2枚の写真の違いは何だろう…。


とある台湾人:9

奥さんの方がよくね?


とある台湾人:10

お前らウクライナを中傷するなよ、全てはク●野郎と愛人の話だ


とある台湾人:11

この種の男は、自発的に寄ってくる女性を、国籍に関係なく手放そうとしない。

男が人生の最後まで自分の片割れに忠実であることを期待できるだろうか?難しいぞ!


とある台湾人:12

タトゥーで覆われている人は、通常、自分が何をしているのかについてあまり深く考えていません。

だから、タトゥーを入れている人を恨む人が多いんです。

タトゥーだらけの大統領や重要な意思決定者を思い浮かべてみてくれ。


とある台湾人:13

台湾人女性の中には、まだ海外で結婚相手を探そうとしている人もいる。


とある台湾人:14

この記事は女性難民が人身売買組織に誘われて売り飛ばされることに、なぜ言及しないのか?


とある台湾人:15

下半身で考える人は、いつか一生を棒に振る


引用:https://bit.ly/3afZmMJ

            

外部サイト新着記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*