【台湾の反応】眞子様がニューヨークでご就職-台湾反応翻訳まとめブログ
              

【台湾の反応】眞子様がニューヨークでご就職

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

日本の皇族である眞子さまは、今月26日に大学時代の友人である小室圭さんと結婚され、お二人はアメリカのニューヨークに移住されることになりました。

日本のメディア「女性自身」によると、小室圭さんは3年間アメリカに留学しており、実は結婚生活の準備を水面下で進めており、18日には眞子さまと3年ぶりにお会いになり、文仁親王夫妻を訪ねて義父、義母にご挨拶されたという。

国的にご夫妻の結婚に注目が集まっていることに加え、眞子さまの今後のお仕事ぶりにも注目が集まっています。 宮内庁関係者によると、「眞子さまは9月まで東京大学総合研究博物館の研究員として勤務されており、専門知識や経験を生かすために適切な仕事を探されている」という。 そんな時に真っ先に思い浮かぶのが、ニューヨークのメトロポリタン美術館です。

ニューヨーク在住の日本人ジャーナリストは、メトロポリタンスタッフが「眞子さまのお仕事が決まった」と明かしたことを伝え、眞子さまは同館の日本展のキュレーターとして、年収約1,500万円(364万ドル)を得ることになるという。 メトロポリタン美術館は、300万点もの豊富なコレクションで知られ、アメリカで最も権威のある美術館のひとつであり、世界でも有数の規模を誇ります。

さらにジャーナリストは、「小室圭が12月の司法試験に合格して弁護士になれば、年収2000万円(486万台湾ドル)が期待できるが、物価の高いニューヨークで生活するのは難しいだろう」と2人の収入を分析した。情報の真偽を確かめるため、女性自身はメトロポリタン美術館そのものに問い合わせたが、担当者は「現在、眞子さまのご就職の記録はありません」と答えるだけで、今後については何も言及しなかったという。

記者は「博物館は日本人の学芸員をおおっぴらには採用していないので、これは『特別採用』のようで、眞子さまの入社は博物館自体にとっても大きなメリットがある」と指摘した。

1994年に天皇陛下ご夫妻が訪米された際、メトロポリタン美術館ではお二人のために特別な歓迎会を開催し、その費用はすべて美術館が負担しました。これは、美術館が日本の皇室を重要視していることの証であり、眞子様のご入館により、日本企業の美術館への貢献度が高まることになります。

次に、日本の皇居には「皇室関連の美術品」が多くあり、眞子さまがメトロポリタン美術館にお越しになれば、「特別展示」の可能性があることです。

とある台湾人:1

生まれよければ、全て良し


とある台湾人:2

眞子様のご入館により、日本企業の美術館への貢献度が高まることになります。….. この文章が全体のメインポイントです!!!


とある台湾人:3

弁護士に合格することとお金を稼ぐことは別問題だ。


とある台湾人:4

ドアマンになってくれ。


とある台湾人:5

王室を離れたハリーとメーガンに比べると、日本のお姫様と旦那様はエレガント。


とある台湾人:6

うらやましい!マスコットのように振る舞いたくさんのドルを稼いでいる。


とある台湾人:7

勢いだけで生きていけるのは素晴らしい


とある台湾人:8

ハリーのように、王室から外されても、目をつぶっていてもお金が入ってくるのに、何を恐れているのか?


とある台湾人:9

彼女はいつも何をしているのだろう?彼女が何をしようと、台湾人には関係ないのでは?
ハリー王子夫妻もずっと新聞を出しているが、一体台湾人に何の関係があるのか。


とある台湾人:10

正しく生まれてくることが、何よりも大切なのです!!!


引用:https://bit.ly/3po06Vm

関連記事

        

外部サイト新着記事

              
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*