政治

続きを読む

台湾で飲酒運転の厳罰刑に死刑の適用を検討【台湾の反応】

立法院司法法制委員会は昨日、飲酒運転に関する刑法改正の予備審問を行い、多くの議員が飲酒運転による死亡の罰則を死刑や無期懲役への罰則強化も提案しています。 政府の判断はともかく、裁判官は死刑を科すのだろうか?
、執行されていても実行されないのであれば、それは国民に嘘をついているに過ぎません。
政府は、罰則、責任、車両の没収を強化する法改正を提案しています。 しかし、法務省は、死刑と無期懲役に留保をつけ、議員に「さらなる検討を求める」よう文書で要請している。 続きを読む

台湾の出稼ぎ労働者がもうすぐ移民になる【台湾の反応】

高雄市の大発工業団地で開かれた「外国人労働政策セミナー」で、林岱樺議員の質問に、許銘春労働部長は、「台湾で6年間勤務し、技能および給与水準が一定以上の出稼ぎ労働者が台湾に滞在申請できるよう省間委員会で検討し、遅くとも3月末に評価報告書を行政院に提出すると述べた。 続きを読む

CIA専門家が米国の内戦は思ったより近いと警告【台湾の反応】

Boston Globe紙によると、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)の政治学教授であるバーバラ F.ウォルターは、ここ数年、CIAの政治的不安定性タスクフォース(PITF)のコンサルタントとして、世界のどこで内戦、政情不安、不安定が勃発するかを予測することを専門としている。

来年1月、ウォルターは『内戦はいかにして始まり、いかにして止めるか』という本を出版する予定だ。

彼女は先月、PITFは国内で起きていることを検証することが法的に認められておらず、「国内で急速に浮上しているリスク要因に対して盲目になっている」とツイートしている。 続きを読む