台湾の反応-資産バブルはどのような結末で終わるのだろうか - 台湾反応翻訳まとめブログ
              

台湾の反応-資産バブルはどのような結末で終わるのだろうか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近の台湾の不動産価値の上昇は本当に誇張されています。
特に、台北の高雄草衙の建設プロジェクトは、1日で完売し、単価も最高値を更新するなど、大きな波が来ていることを実感させられます。

しかし、話には必ず終わりがあります。2008年の金融大津波の前のアメリカのように、不動産部門も誇張していたのです。

バブルが崩壊したのは、米連邦準備制度理事会(FRB)が金利を引き上げたときだった。
最近の例では、中国の不動産バブルがありますが、これは中国共産党が直接的な政策によって崩壊させました。
アセット・エンリッチメントを期待したいところですが、あまり大げさになると
政府が急進的な住宅政策を迫られないという保証はありません。
短期間で不動産市場が急落してしまいます。
この資産バブルがどのような結末を迎えるのか、興味があります。

とある台湾人:1

台湾は金利を上げず、住宅価格は下がらずに上昇するのみ


とある台湾人:2

空き地がなくなったのは、幸せなことなのか、不幸なことなのかわからない


とある台湾人:3

民進党主導の不動産投機を恐れるな


とある台湾人:4

選挙が近づいてくると、状況を冷静にするためにいくつかの政策が導入されます。 しかし、率直に言って、その効果は限定的


とある台湾人:5

’08年のレートと’21年のレートを見てみよう


とある台湾人:6

以前は何かポリシーがあったはずなのに…。 上がるものは上がる・・・


とある台湾人:7

英国のレート上昇の後、世界が上昇し、台湾が上昇しないことは考えられません。


とある台湾人:8

バブルにはならず、2、3年は上がるだろうが、その後は動けなくなるだろう。


とある台湾人:9

金利引き上げには、台湾はついていけない。


とある台湾人:10

台湾の住宅価格は下がるどころか上がってばかり


引用:https://bit.ly/39lb3Oo

        

外部サイト新着記事

              
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*