【台湾の反応】メジャーリーグが「大谷翔平ルール」を公布-台湾反応翻訳まとめブログ
            

【台湾の反応】メジャーリーグが「大谷翔平ルール」を公布

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

DHのルール改正は「大谷翔平ルール」と呼ばれている。DHと先発投手に同じ選手を起用することが可能になり、降板後もDHとして試合に出場し続けることができる。

同じように、DHで代打を送られても先発投手として続投できる。ただし、これは先発投手のみに適用されるルールであり、途中出場の選手がDHと投手を兼ねることはできない。エンゼルスの大谷は降板後も外野の守備に就くことなく打席に立つことが可能になり、ユニバーサルDHの導入と合わせて、昨季よりも打席数が増加することが期待される。

 ロックアウトの影響でスプリング・トレーニングが短縮されたことを考慮し、開幕からの約1カ月間(日本時間4月8日から5月2日まで)はアクティブロースターが26人から28人に拡大される(ダブルヘッダーでは29人)。この期間中は投手の人数制限(最大13人)や野手登板の制限は適用されない。投手と二刀流選手は日本時間5月2日までの期間は10日間の故障者リストに登録できる(それ以降は15日間のみ)。また、今季からマイナー降格回数が5回までに制限されるが、日本時間5月2日までの降格はカウントされないことになった。  

過去2シーズンに続いて、延長戦のタイブレーク制が採用されることも決定。各イニングが無死二塁から開始される。スプリング・トレーニングが短縮されたため、選手の健康と安全を守るために一度は廃止が決まったタイブレーク制を復活させることになった。

引用元

とある台湾人:1

大谷が投げて打てる事ができれば、別の選手は出る必要がないしな。


とある台湾人:2

実際にどれだけの効果があるのか​​わからない


とある台湾人:3

簡単に言えば、DHの打者が自ら先発投手になることもあるので、「ピンチヒッター」を配置する必要がなく、投手が変わっても打順に影響がなくなる。


とある台湾人:4

2人分の役割で、1人分の場所しかとらない


とある台湾人:5

気になるのは、打者・大谷翔平が交代した場合、投手・大谷はDHを外して外野を守れるのか、ということ。


とある台湾人:6

ルールすら変える熱き漢


とある台湾人:7

簡単に言うと、投打が完全に分離できる
でも、このルールの後、大谷の外野守備は見れないと思う。


とある台湾人:8

DHをキャンセルする代わりに、先発投手がDHを兼任することができます。


とある台湾人:9

悪くない。 大谷は投球後もプレーを続けることができる


とある台湾人:10

Otani rule!


引用:https://bit.ly/3LzMXRg

            

外部サイト新着記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*