【台湾の反応】大谷翔平が6月の月間MVP逃す-台湾反応翻訳まとめブログ
            

【台湾の反応】大谷翔平が6月の月間MVP逃す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

エンゼルスは3日(台湾時間)にアストロズに5本のホームランを打たれ、大谷翔平選手の4打数ノーヒットノーランとなりさらに、6月の月間MVPに期待されたエンゼルスだったが、結局受賞できなかった

大谷翔平選手は、6月に素晴らしい投球成績を残し、クレイジーな日々を送っているところだ。
月初に敗れた後、4連勝し、防御率1.52、38奪三振、直近2試合は2ケタ奪三振を記録している。
打撃面では、94人の打者が6本のHRを含む28安打、打率.298、出塁率.398、長打率.574、17RBIを記録した。 17本のRBIを放った。

月間MVPで

投手MVPは、6月に2勝1敗、防御率0.33のディラン・シーゼ。
打者MVPは、6月に9回の打撃で打率.418を記録したアストロズ先発のヨルダン・アルバレス

となった

とある台湾人:1

ヤンキース戦で失点が多すぎたのが残念で、そうでなければ防御率はもっと低くなっていたはず…。


とある台湾人:2

結果が全て。
たかが競技、されど競技


とある台湾人:3

彼に必要なのはMVPではなく、

チームの変更だ。


とある台湾人:4

彼は月間MVPではないが、MVPの議論から外れたことはない。


とある台湾人:5

投打どちらかがより印象的な数字を残すよりも、

二刀流で投げて勝つ方がいいというのが一般的な考え方なのか。


とある台湾人:6

>5 MVPは一般公開されている。
彼は1つのカテゴリーで他に勝つこともできない


とある台湾人:7

MLBは二刀流部門を設けるべき・・・


引用:https://bit.ly/3AheC70

        

外部サイト新着記事

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*