ディズニー、台湾・日本・韓国などアジア太平洋地域のクリエイターを育成し、Disney+の加入者増を促進 【台湾の反応】-台湾反応翻訳まとめブログ
            

ディズニー、台湾・日本・韓国などアジア太平洋地域のクリエイターを育成し、Disney+の加入者増を促進 【台湾の反応】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ウォルト・ディズニーは、ストリーミングサービス「Disney+」で配信されるアジアのオリジナルコンテンツを増やし、同地域の加入者増加を促進するため、台湾国内のアジア太平洋地域の映画製作者やその他のコンテンツクリエイター向けに、初めて単一のトレーニングプログラムを提供する予定です。
このプログラムは、同地域におけるストリーミングサービス「Disney+」の加入者の増加を目的としたものです。


日本経済新聞によると、ディズニーは日本、韓国、台湾、香港、インドネシア、オーストラリアなどアジア太平洋地域から100〜200人の参加者を選ぶ予定だという。
ディズニーやマーベルから講師を招き、4~6週間ごとに7回のオンラインセミナーとディスカッションを開催する予定です。

また、参加者は流行の状況に応じてですが、実際の生産工程を見学するために米国に渡航する機会もあります。

トレーニング費用はすべてディズニーが負担します。
当社でコンテンツを制作したクリエイターを対象に、今月下旬に招待状を発送する予定です。

とある台湾人:1

マーベルだけで十分


とある台湾人:2

Netflixはないのか?


とある台湾人:3

韓国にほぼほぼ持っていかれそう


とある台湾人:4

韓国は参加しなくていいだろ。独自の映画史上が強いんだから。


とある台湾人:5

成功すればミッキーマウスで金持ちになれる!


とある台湾人:6

台湾が成長するチャンスだ


とある台湾人:7

Netflixがコミックの名作を続々アニメ化するし、それでいいじゃないか


引用:https://onl.la/mtrutqx

        

外部サイト新着記事

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*