台湾人「16歳の処女より36歳の非処女を選ぶ理由」-台湾反応翻訳まとめブログ
              

台湾人「16歳の処女より36歳の非処女を選ぶ理由」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

楊過 (金庸の時代小説『神鵰剣俠』の主人公)は彼を慕う16歳の処女も選ぶことができたのに、なぜ36歳の非処女を選んだのか?

現代中国における最高の科学的業績である楊振寧だって82歳で28歳と結婚した。これに比べるとなんて非人間的なエピソードだろうな。

とある台湾人:1


とある台湾人:2

熟女が好きかな?


とある台湾人:3

誰もが異なる好みを持っています


とある台湾人:4

36歳って言っても見た目18歳やでなぁ・・・


とある台湾人:5

それはとても淫行です


とある台湾人:6

そんなんだからお前は「初恋」の価値を理解できないんだよ


とある台湾人:7

初恋はいつも最も美しい


とある台湾人:8

古代なんだし、普通両方と結婚する。楊過はあまりにも愚かでした


とある台湾人:9

古代では、3人の妻と4人の側室が非常に一般的でした


とある台湾人:10

現代でも、50歳以上の人もいますが、それでも初恋を見たいと思っています


とある台湾人:11

軽い成熟した女性が最高です


とある台湾人:12

処女はとても面倒です


とある台湾人:13

彼はただのガールフレンドではなく生涯の妻を望んだんだよ


とある台湾人:14

楊過:私には関係ありません


とある台湾人:15

そして彼はどこでも女性を発情させます


とある台湾人:16

だから彼は主人公


とある台湾人:17

武道を練習すると脳が傷つく可能性がある・・・そういうことだよ


とある台湾人:18

童貞は女性が処女であるかどうかを気にします


とある台湾人:19

よくメンテナンスされた36歳は16歳と等価ってことだ


とある台湾人:20

法を遵守する強い感覚


引用:https://qr.paps.jp/whAk6

        

外部サイト新着記事

              
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*