【台湾の反応】なぜmRNAワクチンの2回目投与から副作用が増加するのか?-台湾反応翻訳まとめブログ
              

【台湾の反応】なぜmRNAワクチンの2回目投与から副作用が増加するのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

11月3日現在、台湾では約300万人がmRNAワクチンの2回目の投与を受けており、その数は増え続けています。 mRNAワクチンの2回目の投与による副作用は、よく「車に轢かれたような」と表現されます。 専門家は、公共の安全に影響を与える副作用を避けるために、ワクチン接種後の療養期間が必要であると指摘しています。
台湾では、年内にワクチン2回目接種を完了し、全人口の60%をカバーすることを目標としており、アストラスゼネカ、モデルナ、ファイザーの3種類のワクチンの2回目の接種がすでに進行中です。
また、予防接種の副作用も問題となっています。

最近では、モデルナワクチンを接種した翌日の国道で、トラック運転手が突然めまいを起こし、連結車両に衝突するという事故が発生しました。 めまいの原因がモデルナによるものかどうかは定かではありませんが、専門家は、モデルナとァイザーはともにmRNAワクチンであり、2回目の投与による副反応の可能性は1回目の投与よりも高く、重篤であると警告しています。
最近の2回目の接種では、より重篤な副作用を持つ若者に加えて、運送・倉庫業の方々にも多く接種されています。 また、体調が不安定な方は、体調が安定するまで待つこと、すでにワクチンを接種した方は、社会的な影響を受けないように、ワクチン接種後の仕事の仕方に注意することが必要です。

とある台湾人:1

このmRNAワクチンが、私たちの体に投与されてから5年後、10年後の効果を保証するものではない


とある台湾人:2

長時間経過しても効果が出ないため、1回目の投与後に2回目の投与を行う必要はない。


とある台湾人:3

副作用がないなら、それは成熟したワクチンではない! そして、まだ画期的な感染症がたくさんあり、医学はまだ進歩していない!!。


とある台湾人:4

何年も前から発がん性が発見され、全面的なリコールの対象となっている薬もあry。今、この新しい薬が体内に入ってきて、5年後、10年後に大きな発見があるかどうかは誰にもわかりません。 誰もそれを保証することはできません。…. メリットがデメリットを上回る、[上回る]というのは絶対的な値ではなく、まだデメリットがあるのです
目隠しして運転しても、最後には安心できる結論が出ない


とある台湾人:5

漢方薬には比較的副作用が少ない、感染者数も少ないが、台湾人は科学を知らない。


とある台湾人:6

2回目の投与はしないでくれ。1回目の投与で生き残れたらラッキー。


とある台湾人:7

ファイザー投与完了。心臓の動きが非常に速くなることがある。
2回目の接種に適しているのか?


とある台湾人:8

>7 2回目の接種の日は、あなたの人生が息切れする日になるでしょう


とある台湾人:9

人は英知に感謝の気持ちを持たなければならない。通用するワクチンを作ることは、偉大な菩薩である。そうでなければ多くの人が死ぬ。
第2次世界大戦の時、消炎剤がなければ多くの人が死んだ。


とある台湾人:10

mRNAワクチンが私たちの体に投与されてから5年後、10年後の効果は誰にも保証できない。


とある台湾人:11

2回目投与で一生不自由な生活になるかも


とある台湾人:12

ファイザーの2回目の接種をしたが、打ったところが少し痛かっただけで、他は全くありません


とある台湾人:13

人類が絶滅するかどうかは、5年後にわかる。


とある台湾人:14

1回目の投与から3ヶ月後に2回目の投与を行い、間隔が長すぎたために副作用が出なかったの思う、年齢とは関係ない


とある台湾人:15

アメリカ、イギリス、イスラエルの国々を見てください。これらの高予防接種国は、大量のワクチンを接種し、大量に感染しています。人生はたった一つです。考えてみてくれ。


引用:https://bit.ly/3lHFSCC

        

外部サイト新着記事

              
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*