【台湾の反応】日本のホラーゲームはなぜ衰退したのか?-台湾反応翻訳まとめブログ
            

【台湾の反応】日本のホラーゲームはなぜ衰退したのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SIREN 零 サイレントヒル
どれもジャパニーズホラーゲームの最盛期の名作です。
しかし、彼らが地図から消えてしまってから、まだ10年か20年しか経っていません
今では、「零」や「SIREN」をプレイしたければ、古いマシンを買ってプレイし直さなければなりません。
リメイクしたいとも思いません。
日本のホラーゲームはなぜ衰退したのか?

とある台湾人:1

VR 少しやれば、刺激的


とある台湾人:2

零は退屈すぎる、眠くなるまでプレイする


とある台湾人:3

バイオハザードがVRになるのだから、十分にエキサイティング。


とある台湾人:4

ホラーはニッチなゲームだ。


とある台湾人:5

ホラーゲームは他の人が実際にプレイしているのを見るのが良い


とある台湾人:6

Wiiで零をプレイしたことがあるが、悪くはない。ただ、今の人はプレイする時間がない。


とある台湾人:7

ホラーゲームはすでにニッチなゲームで、人気がない


とある台湾人:8

ホラーゲームは大した市場がない


とある台湾人:9

零のストーリー設定は素晴らしい


とある台湾人:10

誰もあえてプレイしない


とある台湾人:11

一人で遊ぶには怖すぎる


とある台湾人:12

零シリーズは明らかに素晴らしい


とある台湾人:13

人がプレイしているのを見たいがために、人気になったホラーゲームもある
デトロイトがヒットしたとき、「儲からない」と言っていたアナリストもいた


とある台湾人:14

4K HDのお化けは誰も怖がらない


とある台湾人:15

ホラーゲームだけじゃなくて、俺はKOEIとKONAMIのゲームをして育った。
この10年間も新作がなかったり出たりして、全く新しいものがない。


引用:https://bit.ly/3CUiXdR

        

外部サイト新着記事

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*