台湾の赤坂ラーメンが全店舗を閉鎖?-台湾反応翻訳まとめブログ
            

台湾の赤坂ラーメンが全店舗を閉鎖?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

1999年に日本のテレビチャンピオンとして台湾に進出した「赤坂ラーメン」は、テレビチャンピオンの佐藤慶氏が台湾に来てラーメンの調理法を指導し、ラーメン大食王コンテストを何度も開催し、人気を集めた。

ETTODAYによると、台北市内の最後の店舗である南京三民も撤退し、Facebookのファンページ「拉麵.etc 謠指部」では、中興南路にある別の店舗も営業していないことが確認されているとのことです。
最後の南京三民の店舗の月額家賃は約17万円。
以前は京華城(ショッピングモール)があったため、常連客が残っていましたが、京華城が閉店してしまったため、この界隈にはお客さんを集める魅力がなくなってしまいました。

とある台湾人:1

手ごろな価格帯で発売しないのか?


とある台湾人:2

新しいライバルが多すぎ。 台中の一蘭ラーメンのオープンでは行列がある。


とある台湾人:3

一蘭は大丈夫だと思う。


とある台湾人:4

赤坂ラーメンはラーメン界から蔑ろにされているようなラーメンです。


とある台湾人:5

日本のラーメン店で劣化がひどい店はどこかと聞かれると、赤坂や花月嵐は必ず上位に入ってくる。


とある台湾人:6

海苔の上に印刷されたYAが特徴的で、とても懐かしい


とある台湾人:7

台湾の赤坂や花月嵐は、もうラーメンとは別物。


とある台湾人:8

流行の波に乗り切れない店が多い


とある台湾人:9

店舗の台湾人たちは、日本に行って有名なお店から技術を学んだと言っている。
後からショップを立ち上げた人がトラブルの元になる


とある台湾人:10

一度だけ食べた記憶があるが、味には全く感心しなかった。


引用:https://bit.ly/3xw5PKQ

        

外部サイト新着記事

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*