台湾人「日本の漫画って血統主義だよね」【台湾の反応】-台湾反応翻訳まとめブログ
              

台湾人「日本の漫画って血統主義だよね」【台湾の反応】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

日本人が描く人気漫画には、強い血を引く子孫が登場することが多いようです。 また、中には強者の末裔もいる。
例えば、幽遊白書の幽助は魔界最強の雷神の末裔です。
ワンピースのルフィのじいさんは最強の海軍将校、父親は革命軍のリーダー、

そして自分は太陽神の生まれ変わり。


日本人は実生活の中で、自分の系統を強く意識している。
漫画を見てリラックスすればいいのに、なぜ血統にこだわる必要があるのか。
ほとんどの人は権力者の子孫ではないのでは?

とある台湾人:1

ワンパンマン:・・・


とある台湾人:2

現実と同じで、自分がどれだけ頑張るかより、お父さんが誰であるかが大事なんだ。


とある台湾人:3

漫画が現実とつながっているからこそ、良いのさ。


とある台湾人:4

なぜなら、その方がいい話ができるから。
家族、友人、恋人といった関係だけでなく、人と人との関係を描いた物語になる。


とある台湾人:5

そうだね、俺も最後は特別な血筋が決めると感じた。
あるいは特別なアイデンティティ、あるいは伝説の末裔など。


とある台湾人:6

スレ主の文章の意味は血統を過度に重視するという意味だろう


とある台湾人:7

アンデルセン:醜いアヒルの子は白鳥になる


とある台湾人:8

本土の漫画はもっと真面目


とある台湾人:9

超能力格闘というジャンルは努力がいらないので、そういうのが嫌ならぜひ「はじめの一歩」を見てみてくれ。


とある台湾人:10

現実がそうだからだよ。


引用:https://bit.ly/3iMe1Ai

        

外部サイト新着記事

              
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*