【小6涙目】日本の小学校、卒業証書に別の校印が4年間も押され続けていた!?【台湾の反応】-台湾反応翻訳まとめブログ
            

【小6涙目】日本の小学校、卒業証書に別の校印が4年間も押され続けていた!?【台湾の反応】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

兵庫県の尼崎市教育委員会は29日、市内の小学校で、4年間にわたって計553人の卒業生に、別の学校の校印と校長印を印刷した卒業証書を授与していたと発表した。正しい卒業証書を渡し直すという。

証書を手渡された児童が気付き、保護者が学校に問い合わせて判明した。児童は漢字が好きだったという。

印鑑は篆書体で書かれ、校名のみで個人名は記しておらず、2校の校名は1文字違いだった。授与前に校長や担当教員も点検したが気付かなかったという。

日本兵庫縣尼崎市役所。   圖:翻攝homemate research網站
尼崎市役所

とある台湾人:1

日本語って難しい・・・


とある台湾人:2

どの単語が間違ってたんだろう?


とある台湾人:3

>>2 他のニュースを見ると、学校名が間違っていたはず。隣の学校の学校名として書かれている。


とある台湾人:4

ミスった印鑑を見てみたいな。


とある台湾人:5

漢字を知っている小学生・・・江戸川コナンですね!


とある台湾人:6

どこに押すの?


とある台湾人:7

>>6


とある台湾人:8

小学校に証書っているの??役に立たんだろ


とある台湾人:9

台湾では、間違った単語を一般的な単語に変えればいい


とある台湾人:10

台湾じゃ、間違ってても「自分で直してね」で終わるなwww


引用:https://onl.la/qgbRkVv

        

外部サイト新着記事

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*