台湾人「 MAZDAは本当に優秀なのに、どうして日本で負けているのか?」【台湾の反応】-台湾反応翻訳まとめブログ
            

台湾人「 MAZDAは本当に優秀なのに、どうして日本で負けているのか?」【台湾の反応】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近、MAZDAシリーズが人気を集めています。
今年は全車速追従付も追加されました。
また自動停止ブレーキなどもある


さらにマツダのエクステリアは、若い人たちにも向いている
残念ながら、台湾では輸入車なので、国産のトヨタより高い。
でも、気になるんです。

それにしても日本では、なぜトヨタが圧勝で、マツダも負けているのでしょうか。

とある台湾人:1

日本人は遅刻を嫌うからだ


とある台湾人:2

マツダは明らかに顧客を失っている。


とある台湾人:3

車内空間が狭い


とある台湾人:4

日本ではnboxが人気だ、幅と長さや室内空間は価格に比例せず、車体価格も他より高い。


とある台湾人:5

売るならオーストラリアが一番いいようだ


とある台湾人:6

>5 三流メーカーはシェアだけを考えている


とある台湾人:7

以前からマツダはすごいと思っていた

CX30に乗る機会があり、初めてハンドリングが神格化されていることに気がついた。

マツダのデザイン、フィーリング、遮音性は、手頃な価格のクルマとしては本当に非の打ち所がないものだと思う。


とある台湾人:8

マツダはBMWの70%の水準しかない


とある台湾人:9

1.マツダのショールームと車内は本当に高級感がある。

2.しかし、上記以外には大きな特徴はない。 低排気量からパワーを絞り出すために、圧縮比を高めたエンジンを搭載していますが、これは経年変化による不具合をより多く発生させる。

3.過去2年間の誇張された価格上昇と相まってマツダは・・・。


とある台湾人:10

マツダって日本ではほとんどトラックでしょ?


とある台湾人:11

マツダはシェア獲得というより、特定の層をターゲットにしているように感じる。


とある台湾人:12

マツダには、トヨタや日産のようにシェアを争うだけのリソースもマンパワーもない。

5年間運転してきて、マツダはサプライチェーンマネジメントと一部の設計検証の能力が不足していることがわった。


引用:https://bit.ly/3PayhtS

        

外部サイト新着記事

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*