【台湾人も期待大!】広末涼子「らんまん」で朝ドラ初出演 神木隆之介の母親役【台湾の反応】-台湾反応翻訳まとめブログ
            

【台湾人も期待大!】広末涼子「らんまん」で朝ドラ初出演 神木隆之介の母親役【台湾の反応】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

女優の広末涼子さんが、俳優の神木隆之介さんが主演を務める2023年度前期のNHK連続 テレビ小説(朝ドラ)「らんまん」に出演することが8月26日、明らかになった。広末 さんが朝ドラに出演するのは初めて。神木さん演じる槙野万太郎の母・槙野ヒサを演じ る。

「らんまん」は、明治から昭和にかけての激動の時代の中で、ひたすらに愛する草花と 向き合い続けた、ある植物学者の波瀾(はらん)万丈の物語を描く。原作はなく、 昨 年放送されたNHK連続ドラマ「群青領域」(総合)などを手がけた長田育恵(おさだ・ いくえ)さんが脚本を担当する。  

ヒサは、病弱ながらもやっと授かった万太郎のことを誰よりも慈しむ母親。植物が好 きな万太郎の成長を温かく見守る。広末さんは「万太郎にとって何より大切なものを支 え、励まし続ける“母の面影”はとても大事な役どころ。丁寧に演じきりたいです」と コメント。  

「牧野植物園には小さいころ、何度も足を運びました。舞台が自分の生まれ育った高 知県という部分でも楽しみにしています。神木くんと初めて共演したのは、彼がまだ小 学生ころでした。あのころのピュアなまなざしを失っていない彼だからこそ演じられる 、槙野万太郎像を見られることが本当に楽しみで期待しています」と明かした。  

広末さんのほか、「高知編」のキャストとして、志尊淳さん、佐久間由衣さん、笠松 将さん、中村里帆さん、島崎和歌子さん、寺脇康文さん、松坂慶子さんの出演も発表さ れた。笠松さんと中村さんは本作が初の朝ドラ。  

志尊さんが、万太郎の生家である酒蔵「峰屋」の番頭の息子で、年が近いことから万 太郎のお目付け役を命ぜられる竹雄 、佐久間さんが、気が強くしっかり者の万太郎の 姉で、万太郎のことを誰よりも気にかけている槙野綾を演じる。  

笠松さんが、幼い頃から「峰屋」に出入りする蔵人の幸吉役、中村さんが、万太郎が 幼い頃から「峰屋」に奉公している働き者の女中・たま、島崎さんが、自由民権運動を 支援する、“民権ばあさん”こと楠野喜江、寺脇さんが、少年時代の万太郎に学び続け ることの大切さを教えてくれた人生の師匠で、学問所「名教館」の学頭・池田蘭光、松 坂さんが、万太郎の祖母で、夫と一人息子に先立たれたため、「峰屋」を女手一つで切 り盛りし、曲がったことが許せない正しく強い女性・槙野タキ役として登場する。

とある台湾人:1

広末さんはシェンムーの母親役だったよな


とある台湾人:2

広末が朝ドラ・・・


とある台湾人:3

綾瀬はるかがいい!><


とある台湾人:4

綾瀬はるかなら良かったのに


とある台湾人:5

広末さんが今まで朝ドラに出ていないのもビックリしました。彼女は忙しすぎるかもしれませんね。


とある台湾人:6

宮崎あおいは?


とある台湾人:7

井上真央も


とある台湾人:8

吉高由里子がいい


引用:https://onl.bz/hiX6Uzn

        

外部サイト新着記事

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*