台湾人「安倍の事件が早速映画化するらしい。公開日はなんと国葬の日だ!!」【台湾の反応】-台湾反応翻訳まとめブログ
            

台湾人「安倍の事件が早速映画化するらしい。公開日はなんと国葬の日だ!!」【台湾の反応】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

山上徹也容疑者による安倍晋三元首相への銃撃事件から約2カ月。9月27日に予定されている国葬に合わせ、1本の映画が驚異的なペースで製作されているという。映画ライターが語る。

「山上容疑者の半生を描いた映画です。生い立ちから銃撃に至るまでを追ったもので、なんと国葬がおこなわれる予定の9月27日に公開をぶつけようとしているようです。統一教会から撮影を妨害されることを恐れ、撮影現場などはいっさい秘密です」

監督は足立正生氏だ。1974年に重信房子氏が率いる日本赤軍に合流して国際手配された経歴を持ち、これまでにもドキュメンタリー『赤軍 PFLP・世界戦争宣言』(1971年)を監督した経験を持つ“過激派”だ。 「自身も“テロリスト”として国際手配されたこともある足立さんですから、山上容疑者を非難するどころか、彼の人生や主張に徹底的に寄り添ったものになるでしょう。本人は『山上を礼賛するのではなく、作品が山上そのものになるんだ』と意気込んでいるようです」(同前)  足立氏は、『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』(2008年)など有名作品で知られる故・若松孝二氏の盟友だった。今回の撮影スタッフも、若松プロダクションの出身者で占められるのかと思いきや――。 「若松プロダクションの関係者は、関東大震災での部落差別などを描く森達也監督の映画『福田村事件(仮)』の現場にちょうど集結しているところ。そのため足立さんや関係者は、スタッフや子役をSNSなどで独自に募集していました。  

ライブハウス『ロフト』を運営している平野悠さんがエグゼクティブプロデューサーを務め、上映もロフトでおこなわれるようです」(同前)  

制作期間はわずか2週間ほど。山上容疑者を演じる“主演俳優”の名前は、いまだに公開されていない。足立氏は「国家に対するリベンジだ」と語っているという。  

映画が完成して公開されれば、大変な話題作になることは間違いないが――。

記事元リンク

https://news.yahoo.co.jp/articles/096fb8f737ea99ad9b2d0be1077348be81ce69c5

とある台湾人:1

安倍のニュースも流石にエリザベス女王の話しの後では霞むな。


とある台湾人:2

↑  女王は象徴であるため、人々は彼女に対して政治的な感情を持っていません


とある台湾人:3

↑  在職期間が違いすぎる。比べるのはどうなんだ?


とある台湾人:4

国葬への国民の反応をどんどん上げて行く気だな。


とある台湾人:5

日本は国葬について常に物議を醸しており、政治家と宗教の関係を嫌っているね。


とある台湾人:6

政教分離は鉄則だよな


とある台湾人:7

もう誰も撃たれない事を祈るよ・・・


とある台湾人:8

なんでこんなに国葬反対されてんの?


とある台湾人:9

↑  国葬なんかで議論してて、先延ばしにしてる問題を議論しないからだよ。


とある台湾人:10

世論調査で中高年層が安倍に反対しているのに、若者が安倍支持しているのを見ると、日本はとても奇妙だよな・・・


とある台湾人:11

この手の映画は話題性だけだろ?


とある台湾人:12

台湾も100%政教分離している国ではない。考えなくてはならない問題だ。


引用:https://onl.la/xnZZp1y

        

外部サイト新着記事

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*