中国市場から吉野家などの日本食レストランが急速に撤退【台湾の反応】-台湾反応翻訳まとめブログ
            

中国市場から吉野家などの日本食レストランが急速に撤退【台湾の反応】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

吉野家をはじめとする日本食レストランが急速に中国市場から撤退

日本食チェーン店大手の吉野家は9月15日、「はなまるうどん」の中国市場からの撤退を発表しました。

吉野家は、今年前半から中国での店舗を順次閉鎖しています。 他の日本の食品・飲料ブランドでも中国市場から相次いで店舗を閉鎖している。
例えば、居酒屋の人気ブランドである和民は、中国市場からの完全撤退を発表しています。

2020年、中国でウイルスが発生し、顧客数を減らすなど事業に影響が出た。 はなまるうどんは、この流行に対応するために、次のような選択をしました。
2021年5月、福建省の店舗を閉鎖。 それ以来、各地で店舗が閉鎖されるようになった。
吉野家は、中国市場からの撤退を発表したその日に、東京・池袋に新店舗をオープンさせた。

とある台湾人:1

丸亀があるし・・・


とある台湾人:2

丸亀も撤退するかもね


とある台湾人:3

台湾の吉野家は口に合わず高い


とある台湾人:4

私は中国から撤退するという決定には賛成だね


とある台湾人:5

台湾じゃ吉野家は高いんだよな〜


とある台湾人:6

僕は味は好きだぞ


とある台湾人:7

しかし、多くの中国料理店が東部に進出してきているね


とある台湾人:8

台湾でも撤退し始めるのかな・・・


引用:https://onl.la/CAZd1Rf

        

外部サイト新着記事

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*