【台湾の反応】台湾人の好みの料理は?-台湾反応翻訳まとめブログ
            

【台湾の反応】台湾人の好みの料理は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

アメリカの寿司と日本の寿司の最大の違いは、人々が寿司に抱く期待感だと思います。 アメリカ人は色鮮やかなものが好きで彼らは、色とりどりの具材が詰まった寿司が好きです。 日本人は、本当においしい寿司とは、おいしい米と新鮮な刺身というシンプルなものだと考えています。
と語るのは、ミシュラン2つ星を獲得したロサンゼルスの「鮨 銀座おのでら」の総料理長、松木洋平さん。
東京の豊洲市場から仕入れた新鮮な魚と、新宿の米を使った伝統的な江戸前寿司を提供しています。
お米は新潟県産のものを使用しています。
ロサンゼルスの懐石料理店で、ミシュランの星を獲得した「HAYATO」のオーナー兼料理長であるブランドン・ハヤト・ゴーO氏も同意しまし「 両国の消費者の嗜好は大きく異なります」と語る。
でも基本的には、日本の消費者はシンプルで素朴な寿司に興味があり、アメリカの消費者は革新的な寿司に興味があるのだと思います。
アメリカの消費者は、異なるソースや魚の切り身のソテー、型にはまらない付け合わせなど、革新的な寿司に興味を持っています。 もちろん、これは一般論であって、日本でも海外でも
両国ともに、多様な消費者層が存在します。しかし、徐々にレストランやシェフたちは、魚と米というシンプルなものに注目するようになりました。
すべては教育から始まります。 「伝統的な日本料理とは何かをアメリカに伝えることができると思います」と松来さん。私は日本で何年もトレーニングを積んできました。 今度は私がアメリカ人に “寿司道 “を教える番です。
ミシュラン1つ星「Sushi Ginza Onodera New York」の寿司シェフ、鈴木一茂氏も同じ考えで、「お客様に本物の寿司をお見せし、食べていただくことが目標です」と語っています。

アメリカ人は豊かさと革新を好む
日本人はシンプルでピュアなものが好き
台湾人の好みの料理をどう表現すればいいのかと。

とある台湾人:1

台湾では「ごった煮」が大人気


とある台湾人:2

シンプルな食材でもシンプルな価格ではない


とある台湾人:3

台湾は食べ物にとても寛容


とある台湾人:4

台湾人が欲しい夜市の値段+レストランの食事+ホテルのサービス


とある台湾人:5

ごはんの上に乗せるのがテクニック


とある台湾人:6

台湾人は基本的に美味しければ何でも食べるので、こだわる必要はない


とある台湾人:7

台湾人は何がおいしいのか全く分からない。列に並んでいる人にいつもついてくる。


とある台湾人:8

台湾は他人の食べ物を奪いながら食べるのが好き


とある台湾人:9

日本からアメリカに “鮮魚 “を輸入する…何か勘違いしてないか?


とある台湾人:10

魚介類を全く食べないアメリカ人を知っている


とある台湾人:11

台湾人は料理に寛容で、ただ食べて糞するだけ。


とある台湾人:12

純粋なお刺身は全然美味しくない…新鮮だけど何が美味しいの?


とある台湾人:13

刺身に味がないと言う人は、舌は大丈夫か?


とある台湾人:14

私の場合、生臭さと新鮮さの境界は非常に曖昧で、キノコや魚介類に生臭さを感じる。生魚を食べるのは基本的に我慢しなければなりません。


とある台湾人:15

台湾人は安いものを食べる


引用:https://bit.ly/3ERVwDu

お勧めの記事

        

外部サイト新着記事

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*