【台湾の反応】 中国の半導体産業が、台湾に追いつく事は本当に可能なのか?-台湾反応翻訳まとめブログ
            

【台湾の反応】 中国の半導体産業が、台湾に追いつく事は本当に可能なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

製造業の形成成長 お金と労働者のような要素がある。 その後、資本投入は工場の建物と設備に変わった。
労働者は技術を生み出す
$を使って台湾の開発者を誘惑し続ける
中国が台湾の半導体に追いついたり追い越したりするには時間がかかる。問題はそれだけです。なぜそんなに急いでるの?

とある台湾人:1

短期的には不可能 様々な方法で盗み、奪い、ごまかすことで長期的に可能な


とある台湾人:2

中国は特にソフトウェアに強い


とある台湾人:3

この世に確実なものはない


とある台湾人:4

インテルは最大で9X%の市場シェアを持つ あと10年後はどうだろう?


とある台湾人:5

時間の問題だよ。 永遠にリードできると思っている人が多いのはおかしい。


とある台湾人:6


日本の材料だけで中国の半導体を死滅させることができる


とある台湾人:7

市場占有率は結果にすぎず、根本的な原因は技術にある。


とある台湾人:8

将来的には、材料や設備が不足する


とある台湾人:9

中国が追いついたときに、まだシリコンウェハーを使っているだろうか?


とある台湾人:10

国際的な光学基準は、アメリカやヨーロッパですべて再定義されています。を超えることはできません。


引用:https://bit.ly/3oNd3pW

        

外部サイト新着記事

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*