台湾の反応-なぜ無制限の量的緩和では日本のデフレを救えないのか? - 台湾反応翻訳まとめブログ
            

台湾の反応-なぜ無制限の量的緩和では日本のデフレを救えないのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タイトルにもあるように、日本は1990年のバブル崩壊以降、30年間デフレが続いており、デフレの悪夢から抜け出す方法を模索しています。
また、日本銀行は、米国や欧州の中央銀行が現在も広く採用している量的緩和金融政策を考案しました。
しかし、いくら低金利に調整しても、一時は日本がマイナスになったこともあったし、いくら量的緩和を行っても
日本は2%以上のインフレ目標を達成できたことがない。
世界の国々がハイパーインフレを心配している中、日本だけがデフレから脱却できないでいる。
何が問題なのか?

とある台湾人:1

日本政府はM字型(年齢層別に見た女性労働率)を変えようとしない。


とある台湾人:2

構造改革


とある台湾人:3

財産を守る高齢者が多すぎて、日本の防疫をダメにしている Killing the Elderly Project(高齢者殺しプロジェクト)


とある台湾人:4

日本の通貨の何%が無制限の量的緩和に回せるのか?あえて他と競う必要があるか?


とある台湾人:5

この手のものは複雑なので、知っていたら解決していたのに


とある台湾人:6

>5 君が知れば知るほど、私はもっと隠す。


とある台湾人:7

不動産バブルが爆発した後、人々はお金を使いたがらない


とある台湾人:8

高齢化社会では、若者が使うお金を補うことはできません。


とある台湾人:9

痛みはバブルを経験しないとわからない。


とある台湾人:10

量的緩和は十分ではありませんよね。 米国は2008年に比べてはるかに多くのお金を使っています。


引用:https://bit.ly/39mKM24

        

外部サイト新着記事

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*