台湾の反応-日本に行った時に車に道を譲られた衝撃 - 台湾反応翻訳まとめブログ
            

台湾の反応-日本に行った時に車に道を譲られた衝撃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

日本の交通法規は非常に厳しい
運転免許証の取得には、平均して約15回の試験が必要です。
厳しいポイント制は、違反を抑止する効果があります。
横断歩道を渡ると30m先に車が待っている。
近づくと警察に目をつけられるのではないかと不安になる。
日本で初めて道路を横断するときには、礼儀作法がありました。

とある台湾人:1

台湾では本当に譲らない人が多く、特にバイクが多いです。


とある台湾人:2

台湾では、歩行者は当然のように無視されます(本来はそうあるべきですが
ただ、道を譲ってもらえなかった時には腹が立ったことを覚えている。


とある台湾人:3

台湾では道を譲ることを許さない人がたくさんいると思います。


とある台湾人:4

みんなに慣れてもらうためにも、横断歩道を渡るときにはスマホを見ないようにしましょうね。


とある台湾人:5

10年ほど前に初めて日本を訪れたとき、歩行者に道を譲るということにとても興味を持ちました。


とある台湾人:6

台北だと道へ入れてくれることが多いのですが、以前台南に行ったときは1/3くらいしか入れてくれませんでした。


とある台湾人:7

私の大学の同窓生であるマカオ人は、マカオに遊びに行った時、彼が私たちを乗せてくれたが、彼は道を譲らなかった。


とある台湾人:8

台湾ではまだまだ道を譲らない人が大半で、バイクよりも車の方が道を譲ってくれる人が多いのでしょう。


とある台湾人:9

これは本当に良い点だと思います。


とある台湾人:10

前に台湾に帰った時、忠孝復興駅でタクシーが道を通してくれると思っていたら、その時に轢かれて死にそうになったんです。私はそれを感じます


引用:https://bit.ly/3lY4E1p

            

外部サイト新着記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*