【台湾の反応】安倍元首相が蔡英文総統に電話し、日本の福島産食品を解禁するよう圧力か?-台湾反応翻訳まとめブログ
            

【台湾の反応】安倍元首相が蔡英文総統に電話し、日本の福島産食品を解禁するよう圧力か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

日本の安倍晋三元首相は1月31日に蔡英文総統と会談し、福島などの5県の輸入開放について話した。

この事に関して台湾の実業家である蔡秉儒はm批判的な意見を述べている。

蔡秉儒はまず、台湾のコロナ流行時に日本が行った支援と援助は決して忘れることはないと述べた。
しかし彼は蔡英文に、国民の食の健康を守る姿勢を忘れてはいけないと念を押した。

蔡氏は「2018年の国民投票では、77%の国民が日本の原子力食品の輸入に反対した。日本の原子力食品の輸入には77%の国民が反対しており、現在の「福島食品」と4年前の「核食」は変わりがない」と輸入に反対している。

輸入に反対した理由については、「政府に対する不信感からだ!」と怒りを込めて批判した。 蔡秉儒は、「ひまわり学生運動は貿易に反対している」と言った。
ひまわり運動が貿易に反対したのは、政府のブラックボックス作戦に反対したからだ。

そして、2300万人の健康と食の安全が電話一本で危険にさらされている。蔡英文総統が何を話したか、何を交わしたか、誰も知らない・・・。

蔡氏は、「民主主義国家では、人々は投票する権利だけでなく、もっと重要なのは知る権利を持っていることだ。ワクチンの調達は機密と言われ、原発4号機疑惑も機密と言われている。ブラックボックスとは? これをブラックボックスと呼 ぶ!」と強調している。

ネットユーザーからは、「今や民進党は最初の電話で台湾を売り逃げしている。」と怒りを顕にする投稿が見られる。

とある台湾人:1

食品の輸入を開放することは、台湾の人々にとって勝利


とある台湾人:2

何のための国民投票なのか本当にわからない


とある台湾人:3

まず赤ん坊を殺すことを推測し、次に生きている人に核の食物を与える。それが台湾の政治だ。


とある台湾人:4

圧力をかけないことを強く望む


とある台湾人:5

サービス貿易を中國と比較でるか?中国は一日中貿易を利用して台湾と交戦している


とある台湾人:6

私たちは世界中の核食品を食べるのが大好きで


とある台湾人:7

これはブラックボックス トークです


とある台湾人:8

ブラックボックスは邪悪


とある台湾人:9

動揺しているなら食べなければいい。 誰もあなたに食べることを強制しない


とある台湾人:10

ブラックボックス核食品!


引用:https://onl.la/4XgtiUe

        

外部サイト新着記事

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*