台湾の反応- 晩婚化・晩産化で「オールドマザー」の割合が増加している - 台湾反応翻訳まとめブログ
              

台湾の反応- 晩婚化・晩産化で「オールドマザー」の割合が増加している

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

台湾の出生率は年々低下しており、晩婚化・晩産化による子供のいない問題は国家の安全保障上の問題となっています。 労働保険制度の出産給付金の年齢分布によると、台湾で出産する女性の年齢の加齢が進んでいる。
30代以上のオールドマザー(高齢出産者)の割合は統計より4割も早く,昨年は、50歳以上の「高齢出産者」が30人と、過去最高となりました。内政部の統計によると、台湾の出産可能年齢の女性1人当たりの合計特殊出生率は、昨年、1999年以来初めて1%を下回った。
初産の平均年齢は31.09歳に上昇し、母親の平均年齢は40~44歳、45歳以上の2階層が増加となりました。 また、労働局の統計によると、出産手当金の支給件数は5年連続で減少しています。

その昔、35歳になっても未婚という人がいて、警鐘が鳴らされましたが、
内務省の最新の統計によると、25歳から29歳までの人のうち、結婚している人は15%以下であり、30歳前の結婚はすでに非常に少数派であることがわかります。35歳以上と40歳以下の44%が未婚で
10年前と比較すると、すべての年齢層で女性・男性ともに未婚率が上昇しており、晩婚化の傾向が明確になっている。

とある台湾人:1

高齢出産はリスクが高い


とある台湾人:2

経済力の問題


とある台湾人:3

老年期に子供を産む


とある台湾人:4

50代で出産するのは簡単ではない


とある台湾人:5

育児休暇を取れば、4年間で100万円もらえるとマスコミは発表している。
そして魔女狩りが行われるだろう、かわいそうに。


とある台湾人:6

蔡 英文の妊娠の可能性はまだあるのか?


とある台湾人:7

卵子が損傷し、間接的に人口の質が低下した。


とある台湾人:8

第一子出産前に閉経するケースが増えている


とある台湾人:9

45歳になっても出産できる!?


とある台湾人:10

林 志玲(リン・チーリン)が出産するのは50歳になってからだと思う。


引用:https://bit.ly/3kGO074

        

外部サイト新着記事

              
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*