台湾の反応-習近平が台湾統一?台湾民主党の対応と反応
            

台湾の反応-習近平が台湾統一?台湾民主党の対応と反応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

中国共産党の習近平総書記は今朝、「辛亥革命110周年」で演説を行いました。
彼は、平和的統一と「一国二制度」の基本原則を強調するとともに、台湾独立を「祖国を裏切った」と非難し、「台湾問題は純粋に
また、「台湾問題は純粋に中国の国内問題」であり、外国の介入は許されないとした。 これに対し、台湾人民党(TPP)は先に声明を発表し、「中国共産党は大国の台頭を頼りに台湾を屈服させようとしている」と反対を表明した。
中国共産党は、大国の台頭に頼って台湾を従わせようとしているが、それでも「親米、親中」の路線を貫いている。 民主党は、自分の主義主張を貫くこととは別に
民主党は、自らの原則を守ることに加えて、台湾海峡両岸の正式なコミュニケーションが相互的、合理的、現実的なものとなり、両岸の主張を理解し、尊重することを望んでいる。
民主党は、「辛亥革命110周年」での習近平氏の発言を受けて、中国共産党が大国の台頭に頼って中国政府を強引に乗っ取ることに断固反対するとした。
民主党は、中国共産党が大国の台頭に頼って台湾を強引に従わせようとすることに断固として反対します。 党は、「1992年コンセンサス」や「一つの中国」という言葉は、中国共産党が一方的に独占していると考えています。
中国共産党は解釈権を一方的に独占している。 台湾独立」の定義も、中国共産党が一方的に定義しているのが現状です。
民主党は、台湾海峡両岸の分離統治を前提に、台湾人の自治権が拡大したのは当然のことだと指摘する。 歴史
中国共産党が力で相手を説得しようとすればするほど、台湾人の自己認識が早く、高くなることは歴史が証明している。
民主党は、台湾海峡両岸の政治的信頼とコミュニケーションの基盤を隔てる主なものは、台湾の独立ではなく、より具体的には、次のように強調しています。

民主党は「台湾が本体で、親米、親中」と主張し続けている。 中国共産党は、台湾に対する自己主張を強める一方で、自らの主義主張を貫くだけでなく、両国に希望を託してきた。
自らの原則を守るだけでなく、台湾海峡両岸の主張を理解し、尊重するために、相互に合理的で実用的な公式コミュニケーションを行うことを望んでいる。

とある台湾人:1

米国は台湾との協議でなければ一中政策だ


とある台湾人:2

共産党は清算されることはないだろう


とある台湾人:3

アメリカや中国が独立させてくれないから、嘘をつくのはやめよう!


とある台湾人:4

台湾のどの党が本当に台湾独立を真剣に考えているのか。


とある台湾人:5

独立は元々、アメリカの意向に沿ったもの


とある台湾人:6

台湾ECFA(中台の両岸経済協力枠組協議)はまだ保留、そろそろ宣戦布告を


とある台湾人:7

全て平和路線、それとも戦争を望むのか?


とある台湾人:8

怖くて兵士になれないのに、どうやって共産主義者と戦うのか。


とある台湾人:9

台湾民主党は親米派と親中派? 親米派とは?


とある台湾人:10

台湾の未来は、アメリカと中国の手の中にある。


引用:https://bit.ly/3DwX0CB

        

外部サイト新着記事

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*