台湾の反応|台湾海峡で核戦争が発生する可能性は?
            

台湾の反応|台湾海峡で核戦争が発生する可能性は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

台湾海峡で、中国軍が上陸できなければ習近平は小型の核爆弾を爆発させるだろう

毛沢東の考え方が正しければ、その通りになりそうです。
毛沢東の考え:過去台湾海峡危機で、毛沢東は原爆の使用をソ連に打診していた過去がある。

とある台湾人:1

共産主義の中国が核戦争を起こそうとしている?ならば、アメリカが一番幸せなはずだ。


とある台湾人:2

F35+B61-12(米国製新型核爆弾)の爆撃チャンスを見つけよう


とある台湾人:3

中国共産党が台湾を平定し、米国が中国本土を攻撃する口実を与えるのか? アメリカはとても喜ぶ。


とある台湾人:4

台湾での戦争が終われば、それは世界大戦となり、アメリカと日本は必ず参加する。


とある台湾人:5

中国は、台湾と同時に日本、韓国、アメリカにも核弾頭を発射する


とある台湾人:6

アメリカの先制攻撃を待っていては、核戦争は起こせない


とある台湾人:7

核兵器は本格的な戦争になったときの選択肢の一つであることは確か。


とある台湾人:8

核戦争をするなら、まずどの国が一番弾頭を持っているかを競うべき


とある台湾人:9

2025年には独立宣言の時が来る
※台湾国防長が「中国が2025年には全面的に台湾に侵攻できる能力を持つ」の発言から由来


とある台湾人:10

台湾へ直接核爆弾を発射するのは馬鹿げている、台湾への脅威は核爆弾を使う必要はない。
むしろ、他国にとっては、中国に対して核爆弾を使う場面があるのか、という問題が生じる。
仮に他国が中国へ核爆弾の報復をしない場合でも、中国の世界的な地位は確実に向上する。


引用:https://bit.ly/308BDsB

        

外部サイト新着記事

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*