【台湾の反応】ワクチン? マスク? 日本人もコロナを抑える方法を知らない -
              

【台湾の反応】ワクチン? マスク? 日本人もコロナを抑える方法を知らない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

日本はほぼ一夜にしてコロナの防疫に成功した国となり、多くの人々を驚かせた。しかし、一体日本はどうなったのだろうか。日本国民もよく分からないようだ。

AP通信によると、東京の1日の確定患者は8月中旬のピーク時の6000人近くから100人を下回り、11ヵ月ぶりに最低水準に落ち込んだ。ヨーロッパやその他のアジア諸国との交流一方、日本は都市に接近するための措置を一度も取らず、比較的強制力のない一連の非常事態措置だけを実施している。

日本の防疫の成功要因としては、遅ればせながら迅速な予防接種活動、夜間生活圏の取り締まり、マスク着用、8月下旬の悪天候などが挙げられる。

しかし、診断件数が大幅に減少した理由については、依然として日本国民は困惑している。専門家らは、このように診断件数が急激に減った正確な原因が分からない状況で、ワクチンの効力が次第に弱まることを懸念している。冬を迎え、今年の夏のような伝染病に再び直面する可能性もある。
診断者数の減少は検査者数の減少によるものと思われるが、東京都の統計によると、陽性率は8月下旬の25%から10月中旬には1%に低下している。東京都医師会の猪口正孝副会長は、「陽性率の低下は感染が鈍化したことを示している」と述べた。
公衆衛生の専門家らは、診断件数の減少の原因について全面的な調査を行うことを望んでいる。GPSデータ分析報告書によると、9月30日に終了した第3次非常事態の間、市民は主に都心にいた。娯楽施設の活動が減少する。
東京都医療総合研究所社会健康医学研究センターの西田淳司所長は、「娯楽施設への来場者数の減少や予防接種が寄与したと考えています。 しかし、緊急事態が終われば、人々は娯楽施設に戻ってくるでしょうし、それが今後数週間の感染状況に影響を与えるでしょう」と回答している

とある台湾人:1

マスクをして外出しないことで、流行を抑えることができるとされています。 人との接触がないと、どうして病気になるのでしょうか?ウイルスは飛沫で感染します。ワクチンは弱毒化したウイルスを体内に入れて、体が最初に知るようにしているだけで、遭遇しても感染しないわけではない。


とある台湾人:2

>1 それほどまでにシンプルに効果が発揮されるワクチンなのだ


とある台湾人:3

SARSウイルスのように、それは突然弱まり、消えた。


とある台湾人:4

日本の状況から見ても、台湾のブロック解除は待ったなしの状況。


とある台湾人:5

ワクチンを打ってマスクをつけることが重要だ。


とある台湾人:6

ワクチンを打ってもマスクをしない欧米に比べ、若年層のワクチン接種とマスクの着用が飛躍的に増えていることで効果が発生した


とある台湾人:7

台湾に6度ワクチン寄付、感動…日本人も急にどうやって制圧するのか分かっていない・・・・


とある台湾人:8

これは、日本人にとってはありがたいことです。


とある台湾人:9

これは、嵐の前の静けさだと思う・・・


とある台湾人:10

日本も台湾も武漢肺炎の影響から一日も早く抜け出せるように頑張りましょう。
日本に遊びに行きたいと思っています。


引用:https://bit.ly/2YY4M9q

        

外部サイト新着記事

              
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*