【台湾の反応】自分の精子で娘を産んだ日本人トランスジェンダー女性、法的な父子関係を否定される-台湾反応翻訳まとめブログ
              

【台湾の反応】自分の精子で娘を産んだ日本人トランスジェンダー女性、法的な父子関係を否定される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

男性から性別を変えたトランスジェンダーの女性と、自身の凍結精子を使って生まれた子どもとの間に「親子関係」は認められるか。東京家庭裁判所の裁判官は本日、現行の法制度には根拠がないとして、この訴えを却下した。

NHKの報道によると、性別適合手術を受けたのは40代の働く女性で、自分の凍結精子を使って、女性パートナーの3歳と1歳の娘を出産した。

パートナーの女性は出産者であるため、法的には母親と認められたが、精子を提供した女性は血縁関係はありながらも、法的には認められず自治体への申請は拒否されている。

東京家庭裁判所の大河原仁菜裁判官は、「血縁上の親は存在するが、法律上の親が存在するとは限らない」とし、本人が性転換したから「父親」ではなく、また本人が子供を妊娠・出産したから「母親」でもないとしている。

そのため、裁判官は、現在の法制度では法的な親子関係を認める根拠がないと判断し、請求を棄却した。

判決に女性は、「父親と認められないのは悲しく残念なことであり、明らかに生物学的には親子であるにも関わらず、法律で認められていないのは、制度が実態に追いついていない」と述べた。

この女性は、自分たちのような子育て中の同性家族にはよくあること。今後は子どもたちが生きやすい社会になればと、あきらめずに活動を続ける。

女性の弁護士は、これは不当判決であり、高等裁判所、あるいは最高裁判所への控訴が続くだろうと述べた。

とある台湾人:1

日本の裁判所はとても古い


とある台湾人:2

結婚してからタイに性転換しにいった漫画家がいたのを覚えています


とある台湾人:3

私の精子ではあるが私の赤ちゃんではないwww


とある台湾人:4

男に戻って!!父親になればいいのさ!!


とある台湾人:5

嫡出子がいる場合は登録でるのか?父は不明なのか?


とある台湾人:6

これって戸籍上は父親は死んだ事になるのか??


とある台湾人:7

とても混乱している


とある台湾人:8

台湾では、叱られるし差別される。


とある台湾人:9

この内容は、頭を混乱させるwww


とある台湾人:10

普通に法的に母親2人はおかしいでしょ。


引用:https://onl.la/h2Tx4FY

        

外部サイト新着記事

              
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*