米国トランスジェンダーの水泳選手「トランスジェンダーのアスリートは 他のアスリートと同様に敬意をもって扱われるべき」【台湾の反応】-台湾反応翻訳まとめブログ
            

米国トランスジェンダーの水泳選手「トランスジェンダーのアスリートは 他のアスリートと同様に敬意をもって扱われるべき」【台湾の反応】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

競技の公正さをめぐって論争を巻き起こしたアメリカのトランスジェンダー・スイマー、

リア・トーマス選手が、今シーズン初めて発言しました。
トーマスさんは、高校を卒業する前から自分の性別(男性として生まれた)に疑問を持ち始め、ペンシルベニア州立大学に入学すると、自分の性別をより意識するようになったとSports Illustrated誌に語っている。
「ペンシルベニア州立大学に進学後、次第にうつ状態になり、2019年、ついにホルモン補充療法を受けた。”簡単に言えば、私は男じゃない “ということが分かり 私は男ではなく女なので、女子水泳部に所属した。」

ペンシルベニア州立大学の男子代表水泳チームでスタートしたトーマスは、女子チームに移ってからも多くの記録を更新し、賛否両論を呼んでいる。
30年間USASAの審査員を務めたシンシア・ミレン氏は、昨年12月に退任した。
辞表には、「女子競技に男性が出ることは絶対に認めない、公平性が崩れている」と書かれていた。

ミランは後にFosse Sportsに「ジェンダーアイデンティティ(性自認)は競技に参加すべきでない。レースに参加するには体つきは同じ状態であるべきだ。男性は女性より平均8~12%速く泳ぐので、女性選手には非常に不公平である。」と語っている。

リア・トーマスさんは、自分が女性になったのは性同一性障害のためであり、
レースに勝ちたかったからではないと説明した。

「元々感じていたこと 自分の身体と切り離されたような、間違った感覚でした」と語る彼女は、女性になることを決意すると悩みはほとんどなくなった。
「精神的にも短時間でかなり健康になったので、驚きました。」と語る

批判を受けながら、トーマスは 「トランスジェンダーのアスリートも、他のアスリートと同じように敬意をもって扱われるべきです」と語り

目の前にある障害で水泳をあきらめることはないと強調する。
次の目標は、2024年のパリ大会の女子競泳に出場することだそうです。

とある台湾人:1

本当の女の子の権利はこの人に奪われた


とある台湾人:2

このようなニュースを読むと、俺はなぜかとても幸せな気持ちになる。


とある台湾人:3

男女を超えた競争を始めれば解決するよ
何人くらいが参加するのかわからないけど。


とある台湾人:4

バカなニュース


とある台湾人:5


とある台湾人:6

卑劣な偽の女の子がゴミをだましている


とある台湾人:7

フェミニズムが勝った


とある台湾人:8

将来的には、第三の性別グループがリリースされる


とある台湾人:9

男女の垣根を越えた競技をすればいい
めんどくさい


とある台湾人:10

めでたし、めでたし、フェミニズム万歳


関連記事

【台湾の反応】女子水泳で元男性の選手、優勝する

元男性でレズビアンのトランスジェンダーが更衣室を全裸で歩く事に全米が沸騰【台湾の反応】

アメリカで女性の水泳大会においてトランス男性が出場し優勝。全女性敗北へwww【台湾の反応】

【台湾の反応】米国の女子水泳記録をトランスジェンダーの男性が更新

引用:https://bit.ly/3tGuCuu

        

外部サイト新着記事

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*