【台湾の反応】日本のアニメや漫画では見るが、実際には存在しない名字-台湾反応翻訳まとめブログ
              

【台湾の反応】日本のアニメや漫画では見るが、実際には存在しない名字

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

日本のアニメに登場するキャラクターの中には、実際には苗字を持たないキャラクターがたくさんいます。
エヴァンゲリオンの冬月 凌波、ドラえもんの剛田、野比。こち亀の両津。

これらはすべて、ありそうでいて、実は日本には存在しない名字。
ただ、金田一やコナンなどのキャラクターの苗字は
登場人物には不思議な名字が多いのですが、実際に存在していて、珍しいだけなのです。
日本には存在しない通称のようなものは他にありますか?

とある台湾人:1

三千院

※三千院:ハヤテのごとく!のヒロイン


とある台湾人:2

土井塔克樹

※土井塔克樹:コナンの登場人物


とある台湾人:3

というか日本には変な名字が多いというのは本当?

関連記事


とある台湾人:4

鬼舞十

※鬼舞十:おそらく『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨


とある台湾人:5

一方通行

※一方通行:とある魔術の禁書目録


とある台湾人:6

小穴好美

小穴好美:中国人から見ると恥ずかしい名前「○○はこんなに美しい」という意味 一時期中華ネットで話題になった実在の日本人の名前


とある台湾人:7

oo院xx院などは全て存在しないのでは?


とある台湾人:8

冬月はあるような気が。


とある台湾人:9

雲隱

※雲隱:おそらくナルト


とある台湾人:10

花京院


引用:https://bit.ly/3mfNNc2

関連記事

        

外部サイト新着記事

              
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*