【台湾の反応】仏マクロン「プーチンはウクライナ情勢を悪化させない」発言 物議を醸す-台湾反応翻訳まとめブログ
              

【台湾の反応】仏マクロン「プーチンはウクライナ情勢を悪化させない」発言 物議を醸す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ロシアとウクライナの国境が緊迫する中、フランスのエマニュエル・マクロン大統領は2月7日、ロシアのプーチン大統領と5時間半にわたって会談した。


会談後、マクロンはプーチンから「ウクライナ情勢を悪化させない」と内々に約束されていたことを明らかにした。

The Guardianによると、マクロンは7日にクレムリンに行きプーチンと会談をした。その後、キエフに向かい、ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領と会談した中で「プーチンは以前の会談で、緊張をエスカレートさせないという明確な約束をしてくれた」と述べたという。
しかし、現在の行き詰まりは解決に数ヶ月かかるかもしれず、ゼレンスキーは懐疑的であった。
ゼレンスキーは「私は口約束はあまり信用していない。 政治家一人ひとりが具体的な対策を講じることで、オープンで透明性の高い政治を実現できると考えている」と述べた。


キエフ訪問の後、マクロンは8日、ベルリンに飛び、ドイツとポーランドの首脳と会談した。

フランス政府関係者は、「マクロン大統領とプーチン大統領の会談の中で、新たな軍事行動を取らず、これ以上事態を悪化させないとプーチン大統領より発言があった」と報じた。


しかし、親ロシア派はこれにすぐさま反論している。

プーチンの報道官であるドミトリー・ペスコフは2月8日、記者団に次のように否定した。「プーチンがマクロンに約束した事は「根本的に間違っている」。 モスクワとパリは何の合意も得られない。ありえない」と、フランスとの合意はなかったことを述べている。
ペスコフはさらに、「フランスは欧州連合の主要国であり、NATOの加盟国だが、リーダーではない」と述べた。

今後、ロシア海軍の艦艇6隻と潜水艦1隻が8日にダーダネルス海峡を通過し、数日中に黒海に到着して海上輸送に参加する予定だ。
EUのジョセップ・ボレル外務上級代表は、「ロシアがすでに持っている相当な量の軍艦をさらに増やすことになる」と述べた。
つまり、「マクロンの訪問は重要だったが、事態が改善されるようなものではない」ということだ

とある台湾人:1

実際、フランスには物事を交渉する交渉力がない。


とある台湾人:2

フランスからしたら赤っ恥だな


とある台湾人:3

安全保障常任理事国5国は足並み揃えろよ!


とある台湾人:4

プーチンの天然ガスは引き続き販売される..


とある台湾人:5

アメリカとは関係ない。 NATO諸国にも影響ない。


とある台湾人:6

第二次世界大戦のフランスを見よ…。


とある台湾人:7

ロシアは西側が戦争を引き起こしている、と言いながら戦争に行きたがっている


とある台湾人:8

フランス人はEUが単なるゴミの束であることを認めている


とある台湾人:9

ロシアと話したり交渉したりできるのは米国だけだ。


とある台湾人:10

マクロンもプーチンも顔を平手打ちしてやるぜ!


引用:https://onl.la/qkWEAgE

        

外部サイト新着記事

              
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*