【台湾の反応】ウクライナ駐英大使、ウクライナのNATO加盟放棄の考え表明→すぐに撤回。-台湾反応翻訳まとめブログ
            

【台湾の反応】ウクライナ駐英大使、ウクライナのNATO加盟放棄の考え表明→すぐに撤回。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

NATOのさらなる東方拡大を防ぐために、ロシアは現在ウクライナと戦争をしている。ウクライナの英国大使で元外相のヴァディム・プリステイコは本日(14日)BBCに、ウクライナはロシアとの戦争を避けるためにNATOへの参加を断念する可能性があることを明らかにしたが、

後にウクライナ大統領のスポークスマンによって「大統領はNATOに参加するという彼の意図を再考しないだろうと。」反駁(はんばく)された。

烏克蘭可能放棄加入北約以&# x00907f;免戰爭。(圖/達志影像路 透社)

烏克蘭可能放棄加入北約以&# x00907f;免戰爭。(圖/達志影像路 透社)

NATOのさらなる東方拡大を防ぐために、ロシアは現在ウクライナと戦争をしている。ウクライナの英国大使で元外相のヴァディム・プリステイコは本日(14日)BBCに、

ウクライナはロシアとの戦争を避けるためにNATOへの参加を断念する可能性があることを明らかにしたが、後にウクライナ大統領のスポークスマンによって反駁された。彼はNATOに参加するという彼の意図を再考しないだろうと。

烏克蘭駐英國大使普里斯泰&# x0079d1;。(圖/達志影像路透社)

ロイター通信によると、キエフがNATOへの加盟に対する態度を変えるかどうかをBBCから尋ねられたとき、プリテスコ氏は「特にそのような脅迫、恐喝、迫害の下では加盟を見送る判断もあり得る」と答えた。

彼はまた、ウクライナがNATOに加盟することに「柔軟に対応する」と述べた。これはモスクワへの大きな譲歩となる発言である。

しかし、ウクライナのゼレンスキー大統領のスポークスマンであるセルギイ・ニキフォロフ氏は、NATOと欧州連合への加盟は依然として国家の優先事項であり、大使が「柔軟性に対応する」ことの意味を具体的に述べよと反論した。 その後、プリステコはBBCとのインタビューで、「ウクライナはNATOに加盟する意向を継続する」と、すぐに自身の意見を変えた。

とある台湾人:1

国際的なスパイにとって最も忙しい週だなww


とある台湾人:2

1960年代のキューバミサイル事件を思い出せ。ケネディは戦争を脅かした!今回 ウクライナはロシアの赤い線を踏んだ!


とある台湾人:3

米国は今、この厳しいインフレの冬を乗り切るために、自国の口減らしをしたいだけ。


とある台湾人:4

アメリカは再び武器を売ることができるので、戦争に行きたがっている


とある台湾人:5

アメリカからうっかり戦争しかけそうだな


とある台湾人:6

ウクライナと民進党支持者の両方が、世界中で株式市場が湧くように操作しているよ〜

辛抱強く待ってください〜


とある台湾人:7

戦争になるとは思わない!


とある台湾人:8

アメリカは泣いている


とある台湾人:9

食糧は高価になり、生計もたてにくくなり人々は苦しんでいる。

政府はいったい、いつ正常になるのだろう。


とある台湾人:10

戦いたいのなら、早く戦いなさい。中国共産党のように、100年間台湾と戦いたいとは言わないでくれ。


引用:https://onl.la/K9HkxgR

        

外部サイト新着記事

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*