【台湾の反応】「中国製の安いタイヤ」が原因!?ウクライナ侵攻、ロシア軍の苦戦の理由。-台湾反応翻訳まとめブログ
            

【台湾の反応】「中国製の安いタイヤ」が原因!?ウクライナ侵攻、ロシア軍の苦戦の理由。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ロシアは2月24日、ウクライナへの侵攻を全面的に行った。しかしウクライナ軍の予想外の抵抗で、ロシア軍の前進はキーフの北方20~30kmで停止 することになる。そのためロシア軍は、増援部隊と補給物資を出撃基地である隣国ベラ ルーシから前線に多数派遣した。しかしその部隊が長さ64kmにわたり、大渋滞を起こし てしまい、部隊の増強も物資の補給も停滞してしまった。

人工衛星からの写真で長々と伸びたロシア軍の車両、戦闘部隊と運送部隊が混在して いるのが分かった。ただその原因については、さまざまな説が論じられていた。  そんななか、SNS上で拡散した多くの写真を見た世界の軍用タイヤのプロから、 「ロシア軍が使用したタイヤが中国製の格安ものだったので引き起こされたものでは」 との指摘が相次いだ。

専門家は装備しているのが 中国製の軍用タイヤ「Yellow Sea YS20 tires」(中国名:黄海 YS20)だと断定し、こ のタイヤが“戦場で極めて評判の悪いタイヤ”であると評している。

このタイヤだが、実はフランスのミシュラン社の軍用タイヤ「Michelin XZL war tires 」の劣化コピー版だとという。

軍用タイヤの専門家たちは、ソマリアやスーダンなどで中国やロシアから輸入された り、持ち込まれたりした中国製軍用タイヤを調査した。そうしたところ、乾燥路ではそ こその性能を発揮するようだが、泥沼状態だと性能が大きく落ちるという。 それゆえ、ウクライナでの南部ではそれほど大きな問題を生じていないようだが、既に 春を迎えて凍結土が溶け出して泥沼化したキーフ周辺の北部の道では、簡単に泥沼で沈 下して動けなくなったようだ。

このように重量車両が次々とぬかるんだ道路でスタックしたことで64kmもの渋滞が生 まれたと指摘している。

なおインターネットなどで価格を比較すると、中国製のコピー 商品はオリジナルのミシェラン製の軍用タイヤの半分以下の価格で販売されている。 ロシア軍の深刻なタイヤ保管問題 さらに軍用タイヤの専門家はそろってロシア軍の保管の問題も指摘した。

とある台湾人:1

自走砲をつくろう!


とある台湾人:2

あえて中国の商品を買うんだな


とある台湾人:3

中国は黒いな〜


とある台湾人:4

オリジナルのタイヤでいいじゃないか。長持ちもするし


とある台湾人:5

現地は混乱しただろうなwww


とある台湾人:6

ロシアはもっといいタイヤを積極的に検討すべきだな


とある台湾人:7

大型車はタイヤをケチったらえらい目にあう。僕も空港で大型車に乗るからタイヤには気を使ってるよ。


とある台湾人:8

ウクライナ侵攻している車の殆どがタイヤは中国製なんだね


とある台湾人:9

wwwwwwwwwwww


とある台湾人:10

ロシアはタイヤ代もケチるんだな


引用:https://onl.la/CD4DmqV

            

外部サイト新着記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
   

コメントを残す

*